スタンプラリー帳は観光ガイドにも!

写真拡大

日本の西武鉄道、京浜急行電鉄、JR東日本と、台湾の台湾鉄路管理局は2015年8月25日から16年8月31日までの期間、合同で「日台縦断!鉄道スタンプラリー」を開催する。

西武、京急、JR東がそれぞれ台湾鉄路との関係を強化する協定を締結したことを記念して実施される。

スタンプは、西武鉄道の西武秩父、本川越の2駅、京急の三浦海岸、羽田空港国際線ターミナルの2駅、JR東の東京駅、台湾鉄路の台北、新竹、台中、嘉義、花蓮の5駅と、日本5駅、台湾5駅の計10駅に設置される。

これら10駅のうち日本の設置駅2駅、台湾の設置駅2駅、日本・台湾いずれか任意の1駅の計5駅でスタンプを集めると、京急・羽田空港国際線ターミナル駅2階京急ツーリストインフォメーションセンターまたは台鉄夢工場旗艦店で、特別記念品がプレゼントされる。女性のキャラクターと4社局のロゴが描かれたオリジナルトートバッグで先着2000人限定。

スタンプラリー帳は、スタンプ設置駅等で配布され、参加は無料。それぞれの駅周辺の見どころを記載したガイドブックを兼ねており、スタンプラリーを楽しみながら、日本・台湾の新たな魅力を発見できる内容となっている。