写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レオパレス21は6日、「ひとり暮らしに関する実態調査」の結果を発表した。それによると、ひとり暮らしをしている人の約7割が節約中ということがわかった。

○「食料品や日常品は年上男性に買ってもらう」

ひとり暮らしをしている社会人に対し、現在節約をしているかと尋ねたところ、67.8%が「節約している」と回答。反対に「していない」人は32.2%だった。

「節約している」と答えた人に、節約方法の中で、自分ならではの節約術、もしくは他人に言えないような方法はあるかと聞くと、「食料品や日常品は年上男性に買ってもらう(29才・女性)」、「ティッシュは1枚にはがして使う(38才・女性)」、「お風呂のお湯はあまり溜めず、湯船に寝転がるようにして浸かる(30才・女性)」といった節約術が寄せられた。

このほか、隣の部屋に住んでほしい芸能人を質問したところ、男性1位は福士蒼汰さん、2位は速水もこみちさん、3位は福山雅治さん、女性1位は石原さとみさん、2位は新垣結衣さん、3位は堀北真希さんとの順となった。

同社は2013年、8月8日を『ひとり暮らしの日』として記念日制定。今回の調査は制定2周年を記念して行われた。調査期間は2015年7月28〜29日、調査方法はインターネット、有効回答は20〜39歳の社会人600人。

(御木本千春)