ダイハツ『コペン セロ』とチーフエンジニアの藤下修氏

写真拡大

 大ヒットの裏には、開発者の熱い思いとこだわりが詰まっている。約200万円の価格で、50代以上の中高年のセカンドカーとして圧倒的人気の軽のオープンスポーツカー。ダイハツ『コペン』は発売から1年で販売1万台を突破し、6月には3つめのモデル『コペン セロ』が発売された。現在も、納車まで4か月待ちの人気だ。

 ここまでヒットする秘密はどこにあったのか。ダイハツ・チーフエンジニアの藤下修氏が語る。

「『コペン』は2012年ぶりにフルモデルチェンジされるということで社内外からの期待が高く、プロジェクトは一時凍結を経ながら新しい価値を生み出すために時間をかけて議論を重ねました。そして生まれたのが、『ドレスフォーメーション』という着せ替えのアイデアです。ドア以外の外板をすべて交換可能な樹脂パネルにしたことで外観を自在に変更できる世界初のシステムです」

 昨年発売のモデル『コペン ローブ』から着せ替えが可能になった。秋から発売予定の着せ替えのパーツは1セットで約35万円だという。

 また、軽量・低価格を実現するため、エンジンは量産の3気筒を使用。一方でターボ用のインタークーラーレイアウトなどは専用開発しコンパクトなボディを実現した。他の軽自動車なら1分ほどで終わる組み立て作業も、手作業で丁寧に約20分かける。新世代のスポーツカーとして注目だ。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年8月14日号