辛さには自信あり

写真拡大

日清食品は2015年7月27日、「日清のとんがらし麺ビッグ 激辛だしカレー」を発売した。

「唐辛子練り込みめん」を使用した、辛党から絶大な支持を誇る「とんがらし麺」の新味。今回もその辛さは認められているようなのだが...。

お腹にクる辛さ!?

唐辛子に含まれる辛み成分の含有量から算出した「スコビル値」に基づく「日清のとんがらし麺」独自の辛さ基準値「辛さレベル」が「5オーバー」の激辛商品。「辛さレベル」の最高は「5」なので、究極の辛さとでもいえそうだ。

だしのうまみをしっかり利かせた、濃厚でとろみのある激辛カレースープが、唐辛子練り込みめんによく絡む。別添の「超絶激辛オイル」を加えれば、シリーズ最高クラスの辛さが楽しめる。

激辛商品が発売されるたび、「辛党自慢」からは「そんなに辛くないぞ!」と厳しい声が上がることが多いが、今回はどうか。

ツイッターを見てみると、

「とんがらし麺系はそこそこの辛さでウマ辛が売りだとおもってたら、これはかなり辛い。水とタオルが必要です」
「新しいの出るとつい買っちゃうとんがらし麺、だしカレー久し振りにちゃんと辛い&変な風味しない...」
「とんがらし麺の激辛カレー食べて一気に目が覚めた」

など、辛さを認める声が多く書き込まれている。

一方で味については、

「ただ辛いだけでひどいしお腹の調子が悪い意味で絶好調なり」
「痛いだけで旨くないかな...」

と、「辛いけど旨みは...」という意見が少なくない。激辛党はとりあえず「辛いもの試し」の気持ちで挑戦してみるといいかも。

希望小売価格は205円(税別)。