永遠のスタートアップ・バイクメーカー、SPECIALIZEDの走る知性が縮めた「5分間」

写真拡大

どこまでも速さを追い求め、ロードバイクの世界でイノヴェイションを起こし続けてきたバイクメーカー「SPECIALIZED」(スペシャライズド)。彼らが新たにつくったのは、その開発にエアロダイナミクス(空気力学)を応用し、ライダーの時間を5分間短縮するロードバイク「VENGE ViAS」だ。同バイクを開発したエアロダイナミクス関連研究主任クリス・ユーに、SPECIALIZEDのイノヴェイションに秘められた“走る知性”と情熱を訊いた。

「永遠のスタートアップ・バイクメーカー、SPECIALIZEDの走る知性が縮めた「5分間」」の写真・リンク付きの記事はこちら

CHRIS YU|クリス・ユー
SPECIALIZED エアロダイナミクス関連研究主任。スタンフォード大学で航空力学のPh.D.を取得後、NASAを経て2012年よりSPECIALIZEDに加わる。空気力学を使ったバイクづくりを行う彼のニックネームは「Dr. Speed」だ。

どれだけレースコースを熟知しても、筋力を鍛えても、地球上を走行する限り、必ずライダーにかかる負荷がある。いかなるライダーも、この地球を覆う「空気抵抗」からは逃れられないのだ。

地球を走るすべてのライダーにかかる空気のストレスを科学的に低減し、40km走行時にかかる時間を平均約「5分」短縮する──それがSPECIALIZEDの提案するロードバイク・システム「FIVE MINUTES」のイノヴェイションだ。

ハイエンドのロードバイクには、空気抵抗を考慮して設計された「エアロバイク」というジャンルはすでに存在する。しかしFIVE MINUTESプロダクトのメインとなるロードバイク「VENGE ViAS」は、これまでのいかなるエアロバイクとも異なる次元を開拓するだろう。同バイクを開発したエアロダイナミクス関連研究主任、クリス・ユーはこう語る。

「自動車カンパニーを思い描いてほしい。彼らはエンジンからボディにおける、すべての統合的な設計を自社で行い、1台の完成度の高い自動車をつくる。ぼくたちはそれと同じことを、ロードバイクのVENGE ViASでやったんだ。フレームだけではなく、ましてやホイールセットだけでもない。最高水準のパーツをエアロダイナミクスの面から統合設計して生まれたVENGE ViASは、エアロバイクのまったく新しい次元を開拓したんだ」

ロードバイクのカルチャーでは、ライダーあるいはチームが、異なるメーカーのパーツをセレクトして統合し、自らのバイクをデザインすることは珍しくない。しかしそうした状況下では、1台のロードバイクのエアロダイナミクスにおける完成度を限界まで上げることはできない、とクリスは話す。それぞれのパーツがもつ、空気の流れから受けるさまざまな影響「空力特性」が調和し、連携してこそ、異次元の速さを駆けるバイクが完成する。VENGE ViASは、SPECIALIZEDの最高水準のパーツと膨大な実験を重ねることによって、平均120秒もの時間短縮を可能にしたのである(40km走行時のエアロバイクではないバイクとの比較による)。

自らの生態・環境条件に特化した野生動物の姿や骨格がときに美しいように、空力特性を考慮し生み出されたデザインには、知性に裏付けられた美しさが宿る。例えばVENGE ViASのハンドル部分には、ブレーキなどのケーブル類が一切見当たらない。空気抵抗を低減するために、すべてフレーム内部に収納されているのだ。さらにフロントキャリパー(ブレーキ部分)は前輪軸を支えるフォークの最後端部へ、リアキャリパーもシートチューブの裏へと配置されている。これらもすべて、最適な空力特性を生むための“適応”の結果だ。

さらに「ロードバイクは、バイクだけでは走らない。乗る人間の空気抵抗も当然考慮すべきだ」とクリスは話す。FIVE MINUTESプロダクトで短縮される残りの180秒は、ライダーの装備にある。多くのアスリート・ライダーに支持されるヘルメット「EVADE HELMET」、空気の中を滑らかに泳ぐための皮膚として素材・縫製が工夫されたジャージ「EVADE GC SKINSUIT」、そして、軽くタフな素材で編まれたシューズ「SUB 6」だ。

これらを身に纏いVENGE ViASで駆けるとき、ライダーは「5分」という時間を短縮できるのだ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 01 03

2/6最適なエアロダイナミック形状を追い求めた結果、中央部分が下がったハンドルが誕生した。ケーブルはすべて内部に収まるように開発され、外側には何も露出していない。

02

3/6CLX 64 WHEELとTURBO TIRE:空気抵抗を最小限に抑えた、開発史上最速のロードレースホイール/タイヤシステム。[短縮時間:35秒/40km走行時]

04

4/6EVADE HELMET:スピードを求める多くのライダーに愛用されるヘルメット。[短縮時間:46秒/40km走行時]

06

5/6EVADE GC SKINSUIT:ライダーの体に適切にフィットし、空気抵抗によるタイムロスを減らすスーツ。ゴルフボールのようにディンプル(くぼみ)が施された、縫い目のない肩部分の構造は特許出願中。[短縮時間:96秒/40km走行時]

sub6

6/6SUB 6:通気性に優れた、軽くて丈夫な穴あきの合成マイクロファイバーを使用したシューズ。効率よくエネルギーをペダルに伝達するために、アッパーの一部には航空宇宙産業向けの素材も使われているという。[短縮時間:35秒/40km走行時]PHOTOGRAPH COURTESY OF SPECIALIZED

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01

FIVE MORE MINUTES プロダクトシリーズ
VENGE ViAS:前作から5年の月日を経て生まれたSPECIALIZEDの最新・最速エアロロードバイク。2015年8月末より発売予定。[短縮時間:120秒/40km走行時]

03

最適なエアロダイナミック形状を追い求めた結果、中央部分が下がったハンドルが誕生した。ケーブルはすべて内部に収まるように開発され、外側には何も露出していない。

02

CLX 64 WHEELとTURBO TIRE:空気抵抗を最小限に抑えた、開発史上最速のロードレースホイール/タイヤシステム。[短縮時間:35秒/40km走行時]

04

EVADE HELMET:スピードを求める多くのライダーに愛用されるヘルメット。[短縮時間:46秒/40km走行時]

06

EVADE GC SKINSUIT:ライダーの体に適切にフィットし、空気抵抗によるタイムロスを減らすスーツ。ゴルフボールのようにディンプル(くぼみ)が施された、縫い目のない肩部分の構造は特許出願中。[短縮時間:96秒/40km走行時]

sub6

SUB 6:通気性に優れた、軽くて丈夫な穴あきの合成マイクロファイバーを使用したシューズ。効率よくエネルギーをペダルに伝達するために、アッパーの一部には航空宇宙産業向けの素材も使われているという。[短縮時間:35秒/40km走行時]PHOTOGRAPH COURTESY OF SPECIALIZED

TAG

BicycleGallaryPhysicsSpecializedSportsWIRED Promotion

クリスがVENGE ViASの説明をするムーヴィー。この動画の長さもきっかり「5分」だ。

永遠のスタートアップ・カルチャー「INNOVATE OR DIE」

SPECIALIZEDを支える、ひとつのミッション・ステートメントがある。「INNOVATE OR DIE(革新を、さもなくば死を)」──この言葉は“永遠のスタートアップ”とも言い換えられるだろう。

SPECIALIZEDは1974年、カリフォルニア州サンノゼに誕生する。ファウンダーのマイク・シンヤードは、自宅のトレーラーハウスで「ライダーによるライダーのための会社」として起業し、7年後の1981年、世界初の量産型マウンテンバイク「スタンプジャンパー」をリリースする。その後SPECIALIZEDは、「マウンテンバイク」というスポーツを、そしてマウンテンバイクのある文化を広めることとなる。

またツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアなど、世界のさまざまなサイクルロードレースを競うアスリートたちを支えるバイクメーカーとしても、SPECIALIZEDはその名を広く知られるようになる。2011年のツール・ド・フランスでは、マクラーレン社と共同開発した「VENGE」を駆けるマーク・カヴェンディッシュに5度のステージ優勝をもたらすなど、ハイエンドのバイクメーカーとしてシーンに名を刻み続けている。

「圧倒的な価値をもつプロダクトを生み出し続けない限り、SPECIALIZEDは、数多くあるバイクメーカーのひとつになってしまうだろう。すると、SPECIALIZEDの哲学やプロダクトは、他社のそれに埋もれてゆき、ブランドとして緩やかに死んでいく。この死から逃れる唯一の方法がイノヴェイションを起こすこと。エンジニアであるぼくなりに言い換えれば、それは『コピー出来ないもの』をつくり続けることだ」

こうしたSPECIALIZEDのスタンスを象徴するのが、「ウィントンネル」と呼ばれる風洞実験を行う開発環境だ。自転車の試験に必要な風速30〜70kmまでの風を人工的に発生させる巨大トンネルを使って、ライダーとプロダクトの空力特性を科学的に検証することができる。

「ぼくたちはウィントンネルがあったこからこそ、VENGE ViAS、そしてFIVE MINUTESプロダクトを生み出すことができたんだ。そのプロセスとは、ウィントンネルでのテスト環境から実世界環境に至るまでの間に、プロダクトに何が起きているのかをエアロダイナミクスの視点から分析すること。つまり風をすべて数字に置き換えて把握し、開発に生かすことだった」

その検証は、レーシング・チーム「マクラーレン」の協力のもと、F1と同じ手法で行われている。まずFIVE MINUTESプロダクトをフル装備したライダーと一般的な装備のライダーを、さまざまな風速・風向の条件下で測定する。そして検証コースの風速・風向等のデータを集め、ライダーに実走させてタイムを測定する。これらすべてのデータを、マクラーレンがF1に用いるシミュレーションソフトウェアをサイクリング用に改良したソフトで解析し、試行錯誤しながら開発を行うのだ。

それはいわば、数字の風の中を走りながら、最速の方程式へとたどり着くことだ。このプロセスが、SPECIALZEDのイノヴェイションを根底から支えているのである。


7月に日本で行われた新製品発表会にて、FIVE MINUTESの性能や開発方法をプレゼンするクリス。画面に映っているのが、FIVE MINUTESを生み出した風洞実験施設「ウィントンネル」だ。

TAG

BicycleGallaryPhysicsSpecializedSportsWIRED Promotion

「子どものころから週末になると家族で自転車に乗って出かけていたんだ。大学ではバスケットボールをやっていたけどトレーニングのためによく自転車を使っていたし、バスケを辞めてからはレースのために自転車に乗るようになった。だから人生のどんなときでも、何かしらのかたちで自転車と一緒にいたんだ」。仕事で忙しいいまでも、週に最低14時間、約300kmは自転車に乗るという。

ライダーのように自由で、アスリートのようにストイック

いまやSPECIALIZEDのエンジニアとして「Dr. Speed」の異名をもつクリスだが、幼いころは飛行機の開発に憧れを抱く少年だった。そしてエアロダイナミクスの研究のためには最先端のコンピュータサイエンスが必要だと悟り、スタンフォード大学で航空力学のPh.D.を取得。卒業後はNASAにエンジニアとして入社する。

「NASAの開発環境は素晴らしいものだった。数百・数千人ものエンジニアの力を結集して壮大なプロジェクトを行うんだ」とクリスは言う。「しかしその現実は、子どものころにプラモデルの飛行機をつくりながら描いた憧れとは異なるものだった。一エンジニアとしてぼくの前にあったのは、小さな一領域にすぎなかった。ランチをカフェテリアで済ませ、そのあともコンピュータの前に戻る生活を繰り返したぼくをロードバイクの世界へと駆り立てたもののひとつに、SPECIALIZEDのカルチャーがあったんだ」

SPECIALZEDの、常に自らの限界を超え続けるストイックな開発環境は、ユニークなカルチャーに支えられている。そのひとつが「ランチライド」だ。SPECIALZEDのスタッフは、ランチタイムになると自分のバイクに乗り、社外へ走りに出かける。リフレッシュ、考え事、テストライド、タイムアタック。その理由はスタッフの数だけある。

「スタッフが仕事とライダーとしてのアクティヴィティに、同じくらいの情熱をもって取り組んでいることが非常に印象的だった。そしてSPECIALIZEDのエンジニアになったぼくの前には、エアロダイナミクスを使って1台のバイクのすべてにかかわれる環境があった。ぼくはそこに、自分の情熱のすべてを注ぐことができるんだ」

彼らはSPECIALZEDのスタッフである前に、情熱的なライダーだ。それはマイク・シンヤードが起業した当初から変わっていない。

「SPECIALZEDは本当の意味で、ライダーズ・ファーストなカンパニーだ。ぼくを含むエンジニアやデザイナー、そのほとんどがライダーだというユニークな事実がそれを物語る。ぼくたちは自分で走り、自分の情熱をかたちにすることにいつも躍起になっている。帰る時間を忘れて開発に没頭することもあるし、ランチライドでバイクに乗っているときにいいアイデアを思いつけば、すぐに引き返してウィントンネルでテストをしたくなる。ストイックな挑戦ができるのも、ぼくたちのライダーとしての喜びの追求が、すべての瞬間にあるからなんだ」

彼らの情熱は、いつもライダーのように自由で、アスリートのようにストイックだ。それはSPECIALIZEDのプロダクトに触れてみればすぐにわかる。

そしてSPECIALIZEDのプロダクトは、マーク・カヴェンディッシュやペーター・サガンなどの一部のトップレーサーに向けられたものではない。バイクに乗るすべての人が、彼らにとっては自分たちと同じ、走ることに情熱的なライダーである。

「ほかの誰にもつくれないハイエンドバイクをつくっていくのは、ぼくたちの大切な仕事だ。しかし、そうして培ったテクノロジーをローエンドモデルへ展開し、すべての人に届けたいというところにぼくたちの情熱はある。

例えば東京のような大都市の日常にもSPECIALIZEDのプロダクトをインストールすることで、ライフスタイルの変化を実感してもらえると思う。通勤用のロードバイクであれば、より速く走ることでエネルギー消費と発汗量を減らし、リフレッシュして仕事に取り組めるようになるかもしれない。

でもその際に使うヘルメットが空力特性に劣るものであれば、耳は空気を切り裂くノイズに悩まされるだろう。東京という刺激的な環境に暮らすオフィスワーカーにとっては、そうした小さなストレスさえも大きなロスになる。そこでEVADE HELMETのように空力特性に優れたヘルメットを使用すれば、耳に入ってくるノイズも軽減できるんじゃないかな」

SPECIALIZEDとは「専門化された」という意味だ。しかしそのプロダクトは、専門家のためだけのものではない。バイクに乗っているすべての瞬間に、ライダーにとっての「SPECIAL」なエクスペリエンスを与えてくれる。それを可能にしているものこそが、SPECIALIZEDの“走る知性”なのだ。

[SPECIALIZED|FIVE MINUTES

TAG

BicycleGallaryPhysicsSpecializedSportsWIRED Promotion