代表採点『俺ガゼッタ』、韓国戦MOMは同点ゴールの山口…アシスト倉田も及第点

写真拡大

 日本代表は、5日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第2戦で、韓国代表と対戦し1−1の引き分けに終わった。

 試合後、サッカーキングでは『俺ガゼッタ』と題し、出場選手をユーザーに10点満点で採点してもらい、各選手の寸評、総評、日本代表でその日一番活躍した選手を選出してもらった。

 採点では、同点ゴールを挙げたMF山口蛍がチーム最高の「5.9」(最高点10、最低点1)を獲得し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2位には山口のゴールをアシストしたFW倉田秋が「5.5」の評価を得てランクインした。

 また、「みんなの総評」では、「欧州組に頼りすぎでは? もっと国内組のレベルアップを」、「若手ばかりとは言えないけど、与えられたチャンス、もっと貪欲に頑張って欲しい」、「引き出しの少なさを感じざるを得ない」などと厳しい評価を受けている。

 各選手の採点とユーザーからの主な寸評は以下のとおり。(※6日の19時45分現在。最高点10、最低点1)

■ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
採点:4.0(得票数:2406)
主な寸評
▽チームの理想像を示せているのか疑問。
▽もう少し早めの選手交代をして欲しかった。
▽攻撃の形、見せ場を作れず。狙いがわからない

■西川周作(浦和レッズ)
採点:5.0(得票数:2196)
主な寸評
▽失点にならなかったが判断ミスと思われるプレーがあった。
▽よいところが出てない、もったいない。
▽安定していたがいつものフィードの良さがなかった、サイドにボールがはいらなかった。

■太田宏介(FC東京)
採点:4.4(得票数:2239)
主な寸評
▽けが明けのコンディションが悪いなら断るべきだった。
▽クロスやフリーキックが相手選手に阻まれていた。
▽パスミスが目立った!クロスの精度の持ち味出せず。

■森重真人(FC東京)
採点:4.5(得票数:2210)
主な寸評
▽準備期間もなく組織的な守備が出来ないならあの程度でしょう。
▽悪くは無いが物足りなさが目立つ。PKは事故、しかし対処は出来たと思う。
▽ハンドでペナルティーキックを与えたもののそのあとは安定して守れていた

■槙野智章(浦和レッズ)
採点:4.8(得票数:2312)
主な寸評
▽チームをまとめる姿勢は遺憾なく発揮。1対1をより強く。
▽唯一気持ちが見えた選手。この試合に懸ける思いが伝わるプレーでした。
▽攻められる時間が多いなか、長身選手をマンツーマンで押さえ込んだ。

■遠藤航(湘南ベルマーレ)
採点:5.1(得票数:2159)
主な寸評
▽プレーも落ち着きも合格点ではないでしょうか。次からも呼ばれると思う。
▽若さに見合わない落ち着きで代表定着は確実だろう。
▽もっと声を出そう、いいプレーをするのに誰も絡んでくれない。

■山口蛍(セレッソ大阪)
採点:5.9(得票数:2359)
主な寸評
▽あのゴールはゴラッソだった。
▽シュートは良かったが、ボールロストが多過ぎ。
▽パスミス多いのが無くなれば非常に良い。とにかく結果出したのは大きい。

■藤田直之(サガン鳥栖)
採点:5.2(得票数:2251)
主な寸評
▽良くも悪くも目立たず。アンカー気味の位置で守備は良かった。
▽守備は安定。次呼ばれるならその先を見たい。
▽守備はしっかり出来ていた印象。もう少し貪欲なプレーを期待したい。

■柴崎岳(鹿島アントラーズ)
採点:5.1(得票数:2414)
主な寸評
▽個人的にはもっとゴールに迫るパスが欲しかった。
▽ゲームメーカーとしてはいうことなし。スイッチ役に徹している。
▽もっと相手にとって脅威になって欲しい。

■倉田秋(ガンバ大阪)
採点:5.5(得票数:2383)
主な寸評
▽戦う姿勢を見せてくれたのは彼だけでは。
▽攻守の動きは良かった。後は前後の連携が欲しい。
▽よく走れていた。日本のなかでは一番動けていた。

■永井謙佑(名古屋グランパス)
採点:3.2(得票数:2588)
主な寸評
▽自分を生かすポジショニングではない。
▽良く走ったがボールをもらう位置が下過ぎ、ゴールまで息が続かない。
▽前試合よりましになったが攻撃面では停滞の原因に。

■興梠慎三(浦和レッズ)
採点:4.6(得票数:2257)
主な寸評
▽タメは作っていたが、誰もフォローに来ない。
▽周りのサポートなく見せ場なしも出てたメンバーの中ではよかった方。
▽所々のスキルはさすが。トップとしての仕事には疑問。

■浅野拓磨(サンフレッチェ広島)
採点:4.5(得票数:2411)
主な寸評
▽考えずにシンプルにシュートしてたら評価も変わったろうに。
▽もっとアグレッシブに行ってほしい!シュート打て!
▽まだ経験不足でボールを持ってからの動き出しと判断が遅い。

■宇佐美貴史(ガンバ大阪)
採点:4.6(得票数:2041)
主な寸評
▽点を取ってほしい、まだまだこれから。
▽流れを変えることはできたがゴールが奪えなかった。
▽出場時間が少なかったのは気の毒だがそれでも結果を残さないとダメな存在。

■川又堅碁(名古屋グランパス)
採点:3.8(得票数:1946)
主な寸評
▽余裕がない!!
▽空中戦勝てず、ポストにもなれず。
▽もっと引き出してほしい。