ダイエットのためにサラダを食べているという方も多いと思います。でも同じサラダでも、具材によって、食べるほど太ってしまうサラダもあるのです。太るサラダをモリモリ食べたらダイエットも逆効果。ここでは、太りがちなサラダとダイエット向きの痩せるサラダをご紹介します。

ダイエットに食べ過ぎは禁物の“太るサラダ”とは?

ポテトサラダ

ジャガイモが多くマヨネーズをたっぷり使ったポテトサラダは、カロリーが高くなりがちです。ジャガイモのビタミンCは熱に強く栄養はいっぱいですが、糖質と脂質も摂り過ぎになってしまいます。

マカロニサラダ

パスタに使うマカロニが主体なので、当然ダイエットには不向きです。マカロニサラダもポテトサラダと同じくマヨネーズを使うので、脂質オーバーになってしまいます。

春雨サラダ

春雨は低カロリーのヘルシー食材と思っている方も多いのですが、炭水化物が多い食材でもあります。さらに春雨サラダに使うドレッシングは油の量が多くなりがち。春雨サラダを食べるときは、ドレッシングの代わりにポン酢などを使うようにしましょう。

ツナサラダ

ツナ自体は問題ありませんが、オイル漬けのツナフレークを使ったり、マヨネーズで和えるとカロリーオーバーに。さらに、加塩のツナフレークは意外に塩分量が多いので、健康にも良くありません。

ダイエットにピッタリの“痩せるサラダ”とは?

具材にカロリーの高いものを選んでしまうと、ダイエットには不向きの太るサラダになってしまいます。キャベツやレタス、キュウリなどを使ったサラダならダイエット時に多めに食べても大丈夫。レタスを選ぶなら、サニーレタスやサラダ菜が、β-カロテンが多く含まれているのでおススメです。水菜やホウレン草も栄養価が高いのでおススメです。これらの野菜は体を冷やす働きがあります。それを避けるには、ブロッコリーやアスパラガス、根菜類を使った温野菜も取り入れてみてください。

もちろんドレッシングにも気を付けて

具材に低カロリーの野菜を選んでも、たっぷりドレッシングをかけてしまっては、ダイエットには逆効果です。油にはビタミンの吸収を促進する働きがありますが、摂り過ぎには注意しましょう。市販のドレッシングを使うよりも、オリーブオイルや亜麻仁油、ココナツオイルなどを使って、手作りのドレッシングをごく少量使うようにするといいでしょう。


writer:岩田かほり