<meijiカップ 事前情報◇6日◇札幌国際カントリークラブ 島松コース(6,500ヤード・パー72)>
 7月のサマンサタバサレディスで第1ラウンド終了後に左手親指痛のために棄権した松森彩夏。2週間を休養にあて、今週の「meijiカップ」から試合に復帰する。

 松森はこの2週間「病院に行ったり、全英リコーをテレビで見たり」し、ゆっくりと休養。今週は火曜日に「日本女子オープン」の予選会に出場。万全ではない状況ながら9位タイに入り本戦への切符をつかみ、昨日北海道に乗り込んできた。
 前半戦は一試合も休まずに出場、海外メジャーの「全米女子オープン」にも出場し、「ちょっとずつ疲労を蓄積させて」しまい、ついに帰国後のサマンサで限界に。しかし、2週間の治療のおかげで粘っこい北海道の芝でも「意外と大丈夫そう」と笑顔を見せた。
 今季はここまでトップ10フィニッシュが3回。賞金ランクは38位と目標であるシード権獲得に着実に前進している。シード権を確保するには、ここ数年は1,800万円稼ぐのが目安となっている。松森はあと約500万円稼げば“当確”のランプを灯すことができる。「北海道は食べ物も美味しいし、楽しみでした」。北の大地から元気をもらい、目標達成に着実に歩を進めることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】原江里菜“練習をあえて抑えるほど”の好調ショットを支えたセッティング
シード確保へ正念場 8連戦目に挑む石川遼が最終調整
“道産子”菊地絵理香、北海道で2勝目なら「最高」
最新ギア続々登場!ギア情報