写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カプコンより2015年11月28日のリリース予定となっているニンテンドー3DS向けハンティングアクション『モンスターハンタークロス』。今回は、4大メインモンスターの"ガムート"および、そのほかに登場モンスターについて紹介しよう。

○不動の山神「ガムート」

まさに巨獣の名が相応しい貫禄を持ち合わせる牙獣種モンスター。雪山や氷海などの寒冷地に生息する。草食性ではあるが、ひとたび外敵とみるや、長い鼻と重量を武器に、文字通り相手を叩き潰す。また、自ら四肢に雪装甲を纏うようだ。

■ガムートの特徴 - 長く伸びた鼻を活かした攻撃

【雪玉投げ】
巧みに鼻を使って雪玉を作り出して上空に投げつける。

【スナイプブレス】
強力な氷の弾丸で獲物を狙い撃つ。

【吸い込み】
強烈な吸引で獲物を引き寄せる。

【踏みつけ】
前脚を大きく上げ、重量を活かし力強く叩きつける攻撃。

類まれな巨体から繰り出される攻撃はスーパーヘビー級!

○懐かしのフィールドが進化「雪山」

シリーズで登場した懐かしい「雪山」のエリアを公開。雪山の麓は、ところどころに緑や水辺が残っており、草食獣のポポなどが生息している。さらに中腹へ進むと寒さの厳しい環境に様変わりし、凶暴なモンスターのギアノスなどが待ち受けている。小さな段差も存在し、狩りの立ち回り方も今までとは違ったものになるだろう。

○さらなるモンスターを紹介

■新モンスター! 幻惑の魔術師「ホロロホルル」
暗がりを好む鳥竜種モンスター。翼と脚の爪で獲物を狙う。ホロロホルルは首の回転が特徴的で、背後を振り向く様は一見の価値がある。興奮すると翼爪を広げ凶暴性が増す。

羽の内に鱗粉を蓄えており、攻撃時には羽毛を逆立て鱗粉をバラ撒き、吸ったものを前後不覚に陥れるという。また、超音波を使ってくることもあり、この攻撃を受けてしまうとピンチな状態になってしまうので注意したい。

■シリーズの人気モンスターも続々登場! 「ナルガクルガ」
木々の生い茂る土地に生息する独特の進化を遂げた飛竜。暗がりに身を潜め、恐るべき素早さで執拗かつ狡猾に獲物を狙い、追い詰める。発達した尻尾は、中型のモンスターを一撃で倒すほどの威力を持つ。

■シリーズの人気モンスターも続々登場! 「イャンガルルガ」
黒く硬い甲殻と長いたてがみを持つ姿から「黒狼鳥」と呼ばれる。イャンクックに近い種とされているが比べると気性は荒く、非常に攻撃的。怒っていてもハンターの動きを冷静に見て挑みかかってくるので注意が必要。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面写真は開発中のもの