韓国戦では代表初ゴールを決めた山口(中央)。中国戦へ「よりプレーの精度を高めたい」と意気込みを話した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 引き分けに終わり連覇の可能性が消滅した韓国戦。一夜明けた8月6日の練習を終えた3選手のコメントをお届けする。

【東アジアカップ PHOTO】日本 1-1 韓国
 
山口 蛍(C大阪/MF)
 
――昨日の韓国戦で守備の手応えはありましたか?
 
「やり方もはっきりしていたし、(初戦の)北朝鮮戦よりはやりやすさはありました」
 
――現在のコンディションは?
 
「最初は多少重かったけど、試合をこなすにつれてだんだん動けるようになってきた。あんまり気にしていません」
 
――環境の変化にちょっとずつ身体は慣れてきましたか?
 
「大阪も暑かったし、あんまり暑さは変わらないですね。昨日の試合に関しては、韓国は自分たちより強いし、そのなかでできる限りの結果は残せていたと思う。あとはいかにして点を取るかってところになってくる。そこの改善は、もっと時間をかけてやっていかなきゃいけない」
 
――運動量が求められるハリルホジッチ監督のスタイルは、自分にフィットすると感じますか?
 
「運動量は自分に問題があるとは思わない。フィットしているかどうかは……そこまで分かりませんね。中盤からでも点が取れると楽だと思うので、ゴールをもっと取っていかなくちゃいけない。その精度をもっと高めたい。中盤での組み立ては、チームとしてもうちょっと上手くできると思っている」
 
――例えば、CFにボールが入った時のフォローとかでしょうか?
 
「それもあります。ただ(興梠)慎三さんにボールが入った時に良い絡みができるかという点がある。いかにして慎三さんにもっと早い段階から上手くボールをつけられるかってところが重要になってくるし、そのためにはまず守備がしっかりしていないとダメ。
 
 そうしないと前半の最初みたいにずっと走らされているだけになる。守備がある程度安定すると、自分たちでボールを回せる時間もできて、慎三さんに当てられる回数も増えてくる。試合の最初から自分のペースに持っていけるかを、もっと追求しなくちゃいけない」
 
 
西川周作(浦和/GK)
 
――初戦の北朝鮮戦より良い内容だったと思いますが、昨日の試合では新たな課題も見えたのではないでしょうか?
 
「課題が出てそのままじゃなくて、中国戦ではみんなが意識して修正できればもっと良い結果が出せると思います。この2試合の経験を無駄にしてはいけません。狙いを持ってプレーできているなかで、あと中国戦も出場したいですし、出るからにはしっかり勝って日本に戻りたい。この2試合で非常にいい経験をできていますが、やっぱり結果が大事な世界でもあるので、勝てるように声を出してやっていきたい」
 
――2試合でフル出場しましたが、チームの成長と課題をどう捉えていますか?
 
「なかなか練習ができないスケジュールですが、試合でみんながトライしての結果。1戦目より2戦目のほうが守備は良かった。逆に攻撃面でチャンスを作れなかったのは次への課題だと思っているので、3戦目は守備も攻撃も、どちらも良いようにしていきたい」
 
――課題改善のために、どんな方法を考えていますか?
 
「縦に早くというのを意識していますが、全部は行けない。もうちょっとメリハリというか、後ろで回す時間も作りながら攻めたい。(守備面では)ブロック自体はどこでブロックを作るのかを韓国戦はハッキリとやれた部分もあった。あとはボールを奪ってからの質やゴール前での落ち着きを改善していこうという話はありました」
 
――できれば守備ブロックを前にして、早く攻められるのが理想ですね。
 
「そうですね。ただ、それは理想です。試合の状況を見ながら、ペナルティエリアの前でブロックを作って相手に持たせる考え方と、もうちょっと前で奪ってショートカウンターを仕掛ける考え方もある。そこは試合のなかで判断したい。すべての場面で引くのではなく、前からプレスに行ける時は行って、高い位置から相手にプレッシャーをかけられればと思います」
槙野智章(浦和/DF)
 
――個人のパフォーマンスでも、(初戦の)北朝鮮戦より昨日の試合のほうが良かったのではないでしょうか?
 
「次へのステップは考えていますが、自分が輝く前にチームの結果が最優先。そこに向けて一人ひとりの力を引き出すための役割は買って出ないといけないですし、スタッフから言われた1試合目の反省を消化できないといけない。それを活かさないといけません。
 
 選手間で話し合うことと、お互い思っていることを要求しあうこともできた。1試合目より2試合目のほうが間違いなく良くなっているし、2試合目より次の試合のほうが良くなっているはず。練習を追うごとに、時間を追うごとに選手の団結力やチーム力は上がっています」
 
――ハリルホジッチ監督となって自身のA代表初試合となったイエメン戦と比べて、槙野選手の役割は格段に増えているし、能力も上がっている印象ですか?
 
「そうですね。非常に大きく変わっているのは、フィジカルとメンタルの両面ですね。自分の立ち位置のことも考えていますし、自分が自分がっていうよりも、まずはチームのことを最優先した言動を出来ているのかなと思います。ただ、もっともっと結果を出さなければいけません」
 
――次の中国戦で引き分け以下だと最下位になってしまいます。
 
「『良いゲームをした。でも結果がついて来ていない』というのは一番悔しいですし、良いゲームをして良い結果を残すことが今のチームに一番大切なことだと思う。出場している選手もそうでない選手も、チーム一丸となって良いモチベーションで同じ方向を向いてやるのが必要。最終戦の相手となる中国は昨日の試合で北朝鮮に勝っていますし、非常に良い相手なので、自分たちが試されるゲームだと思っています」
 
――ミーティングではどんな話をしたのでしょうか?
 
「スタッフの意見と自分たちの意見を合致させるために、『自分たちはこう思っている』と伝えました。もっともっと良くなるためのポジティブな話し合いができています」
 
――選手とスタッフ間に考えていることのズレはあまりなかったのでしょうか?
 
「そうですね。フィードバックした意見として、もう少し反応が見たいとは言ってくれていましたので、そこは自分たちの声を届けました」