最新FIFAランク発表:日本は6つ順位下げて56位…韓国に抜かれアジア3位に

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、最新のFIFAランキングを発表した。

 中国で開催中の東アジア杯で、2試合を終えて1分1敗で連覇を逃した日本は6つ順位を下げて56位。5日の第2戦で日本と引き分けた54位の韓国に抜かれて、今年2月以来のアジア3位に後退した。

 上位勢ではベルギーが2位に浮上。チリが初のトップ10入りを果たした。一方でEURO予選で低迷するオランダは5位から12位にランクを落とした。

 なお、次回発表は9月3日を予定している。

上位20チームの順位は以下のとおり

※()は前回順位 

1.(1)アルゼンチン

2.(3)ベルギー

3.(2)ドイツ

4.(4)コロンビア

5.(6)ブラジル

6.(7)ポルトガル

7.(8)ルーマニア

8.(9)イングランド

9.(10)ウェールズ

10.(11)チリ

11.(12)スペイン

12.(5)オランダ

13.(14)クロアチア

14.(15)スロバキア

15.(16)オーストリア

16.(17)イタリア

17.(18)スイス

18.(13)ウルグアイ

19.(19)アルジェリア

20.(20)チェコ

……………

41.(38)イラン

54.(52)韓国

56.(50)日本

61.(59)オーストラリア

70.(69)UAE


●東アジア杯2015特集