チームに団結を求めるDF槙野智章「同じ方向を向いてやること」

写真拡大

 5日にEAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国代表と対戦し1−1の引き分けに終わった日本代表は、試合から一夜明けた6日、中国・武漢市内でトレーニングを行った。浦和レッズに所属するDF槙野智章が練習後の取材に応じている。

 初戦の北朝鮮代表戦に続き、韓国戦にも出場した槙野は「現時点で試合に出てる選手、出てない選手いますけど、今、チーム一丸となって良いモチベーションで同じ方向を向いてやることが自分たちにとって必要なことだと思います。中国は昨日勝ってますし、非常に良い相手なので、自分たちにとって試されてるゲームだと思ってます」と最終戦に向けてチームに団結を求めた。

 ディフェンス陣については「スタッフからの意見と自分たちが率直に思ってる意見を合致するために、自分たちはこう思ってるってことは伝えましたし、もっとよくなるための前向きなポジティブな話し合いはできてると思います」とスタッフ含め話し合いを行ったことを明かし、「誰が出てもおかしくないような質の高い良い守りができてるんじゃないかと思ってます」と自信をのぞかせている。

 日本代表は9日に大会最終戦で中国代表と対戦する。