韓国を称賛しつつ不完全燃焼を悔やむ倉田「クオリティを出しきれなかった」

写真拡大

 日本代表は、5日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第2戦で、韓国代表と対戦し1−1の引き分けに終わった。チームは翌6日に中国・武漢市内でトレーニングを実施。練習後、ガンバ大阪のMF倉田秋が記者団の取材に応じている。

 倉田は韓国戦でMF山口蛍の同点ゴールをアシストした。なかなか攻撃の形が作れないなかで、数少ないチャンスを演出していたが、本人は「得点が取れなかったんで、それ以外に言うことはないですね。それがあったんで、自分でもよくなかったって言うしかないと思います」と、得点を挙げられなかったことに悔いが残っている様子。

 韓国戦がA代表でのデビュー戦となったが、これについては「まあゲームに入っちゃえば、そんなに緊張もすることもなく、いつも通りのモチベーションでできていたと思うんで、それはよかったと思います。でも、もうちょっと守備だけじゃなくて攻撃に貢献したかったというか。(興梠)慎三くんがちょっと孤立しちゃった部分があったんで、そこのサポートをもうちょっとしたかったというか、もうちょっと運動量を上げたかったです」と、前線でFW興梠慎三を孤立させてしまったことが反省点だと述べている。

 守備で走らされた要因については「相手のボランチが自由にボールを持てて、そこから危険なパス出せる状況やったんで、どうしてもサイドで下がらざるを得なかったんで、もうちょっと前からどんどん相手に圧力をかけていきたかったんですけど」と説明した。

 韓国代表にはJリーグでのプレー経験があるDFチャン・ヒョンス(元FC東京)やヴィッセル神戸のMFチョン・ウヨンらが名を連ねた。特長を把握している選手も多かったが、これについては「そうですね。(パスを)回すのがうまいし、相手のFWに入った時にフィジカルを生かしたキープもすごくうまかった。ホンマにいいチームだったんですけど、それでもこっちはみんなそれ以上のクオリティを持っていたと思う。それを全部出せなかったことがちょっと悔しかったですよね」と、日本代表のメンバーも高いクオリティを備えながら、それを生かしきれないなど不完全燃焼に終わったという。

 ボールのポゼッション率でも韓国に上回られたが、「(日本も)全然支配できます。落ち着いてもっと自信を持って回せば、相手は球際に来るだけやったんで、そこを1つかわせば全然こっちの方がいい状況で持てたと思うんで、もうちょっとみんな自信持って、次の中国はできればいいと思いますけどね」と語り、自信を持って落ち着いてプレーすれば、中国戦ではいい結果を得られると語った。

 日本代表は9日に開催国の中国代表と対戦する。