ウイングとCFでプレーした浅野。自慢の快足を武器にゴールへと迫ったが、シュートを打ち切れない場面も……。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 東アジアカップの日本対韓国は8月5日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれ、日本は1-1で引き分けた。
 
 韓国戦を終えた浅野拓磨(広島/FW)のコメントをお届けする。

【マッチレポート】日本 1-1 韓国

 
――役割がいろいろと変わりましたが?
 
「どこで出ても、だいたい求められているものは分かりますし、サイドと前では違うとは思いますけど、自分の“色”は分かってくれていると思う。理解してもらったうえで、自分がどういう動き出しをするかっていうだけなので。守備のところで少し難しかったりしましたけど、攻撃になれば自分が出すことは一緒なので、自分からもっともっとアクションを起こしていければなと思います」
 
――この前はチーム全体として縦に急ぎ過ぎたところがあったと思いますが、今日の試合はどうでしたか?
 
「縦への速い攻撃はチームのコンセプトですし、なかなか上手くいかない場面が多いですけど、意識付けはチームみんなで共有できているので、そこのクオリティをもっと上げていければ、もっと良いチームになると思います。できないから後ろ向きになるのではなくて、どんどんチャレンジしていく姿勢は成果につながると思うので、そこは続けていかないといけない。
 
 自分もそうですけど、クオリティを上げてフィニッシュまで行ける場面をもっともっと増やしていって、得点がもっと取れれば楽になってくる。そこから落ち着いていけばいいと思う。ゴールを狙うために前に急ぎ過ぎるのも良くないですけど、前への意識が高いのはいいんじゃないかと思います」
 
――動き出しの工夫は、今日の試合は少しできた感じですか?
 
「そうですね。相手のディフェンスも上手かったですし、なかなか自分もどこに動き出せればフリーでシュートまで行けるかなっていうのは考えていましたけど、そこはもっと味方とコミュニケーションを取って、レベルを上げていかないといけない。
 
 パっとできたらなにも言うことはないですけど、できないことがあるからこそ成長できると思うので、そこはもっともっとチーム全体でレベルアップしていきたいし、自分個人としても動き出しのクオリティをレベルアップしていかないといけないと思います」