鮮やかなミドルで貴重な同点ゴールを挙げた山口。守備面でも精力的なプレーを披露し、チームを助けた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 東アジアカップの日本対韓国は8月5日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれ、日本は1-1で引き分けた。
 
 韓国戦を終えた山口蛍(C大阪/MF)のコメントをお届けする。

【マッチレポート】日本 1-1 韓国

――貴重な同点ゴールを決めました。
 
「どうなんですかね。とりあえず打ったら入ったって感じです」
 
――ゴールを取れてホッとしている部分もあるのでは?
 
「今日は少し前目で使われたから、ゴールという結果は欲しかったし、代表でもずっと点を取れていなかったので良かったです」
 
――あの位置からのシュートは意識していた? 
 
「意識というか、監督からもミドルシュートはどんどん狙っていけと言われていたし、そこは(ボールが)来たら打とうとは思っていましたけど、(倉田)秋君がよく見てくれていたので」
 
――あの時間帯までは苦しい状況が続いていましたが?
 
「相手が押し込んでくることは想定していたし、FWにデカい選手がいたからそこに放り込んで来ることも予想していましたけど、それ以上に、中盤というか、全体的なマークの受け渡しとかが、あまりハッキリしていなかった。
 
 そこを修正するのに結構時間がかかりましたが、それが上手く修正できてからは、押し込まれる時間はあったとしても、みんなで身体を張って耐えられていたと思います」
 
――中盤の守備については?
 
「ナオさん(藤田)から『8番にずっとついといて』と言われていて、自分の背後に8番が来てもついていたら、ボランチの空いたスペースを使われたりしていた。でもそこを修正してからは上手くいっていたと思います。それまではなかなか難しかったですけど」
 
――攻撃面ではゴールに対する意識が少し欠けていたのでしょうか?
 
「点は取りたいと思っていたし、前半は押し込まれる時間帯が20分くらい続いて、でも、途中からつなげるようになって、自分たちの時間が作れるようになってきた。そのなかで、1タッチ2タッチで回せるシーンもあったから、それをもっと早い時間帯から数多く出せれば良かったかなと思います」

 
――得点を奪うために必要なことは?
 
「例えばドリブルで仕掛けて打ったりとか、シュートを打てるシーンでもドリブルしたり、切り替えしたりっていうのもあったから、そこはもう少し思い切り良くいってもいいかもしれない。メンバーもメンバーですし、コンビネーションもそう長い間やってきているわけではないので、その難しさはありますが、できることはあったと思うので」
 
――経験の少ない選手が多いなかで、チームを引っ張っていこうという気持ちは?
 
「まだ自分はそんなに歳もいっていないし、そこまで経験してきたとも思っていない。代表もまだ2年くらいしか入っていないので、そういう実感はあまりないですけど」
 
――とはいえ、前回大会のMVPです。
 
「もちろん、もっとやらなければいけないとは思いますけど、僕としては、前回大会でMVPに値したプレーをしたかと言われれば、別にそうは思っていない。とにかく今やれることを精一杯やりたいし、前の試合から改善されたこともたくさんある。相手もすごく強かったので、その中で自分たちにできたこともあったから、そこは前向きに捉えたい」
 
――倉田選手が良いリズムをもたらしていたように思いますが?
 
「そうですね、秋君はあそこでタメを作れるし、なおかつ上下に走れるから、すごく良いアクセントになっていたと思います。秋君とはセレッソで一緒にやっているから、やりやすさはお互いにあったし、それをもっと早い時間帯から出せれば良かった」
 
――新しい選手を融合させながら、最後は中国に勝って終わりたい?
 
「そうですね。諦めずに、最後は勝って終わりたいです」