ほんとに濃い〜の?

写真拡大

カルピスは2015年7月27日、「味わいコーラフロート」を発売した。

ファストフードやファミリーレストランなどでの定番メニュー「コーラフロート」がペットボトル飲料になったものだが、コーラフロートではない「あるご当地グルメ」を思い出す、という声が上がっている。

関西の喫茶店で流行った...

北海道産牛乳を厳選使用。コクのある味わいと炭酸の刺激を組み合わせ、コーラにアイスクリームを浮かべた「コーラフロート」の風味を再現した。

ツイッターでは、

「カルピスソーダのコーラ版的なノリかなと思い購入。カルピスソーダよりも飲んでいて"駄菓子のコーラ感"が強かった」
「予想はしてたけどカルピスの味わいコーラフロートが恐ろしいレベルで甘い」
「なんか知ってる感じだと思ったら確実に練り消し。コーラの匂いのねりけし」

など様々な感想が書き込まれる中、

「案の定というか何というか...コーラフロートじゃなくてキューピッドだろコレ...」
「甘いなぁ! 悪くないけど、キューピットだよね? これ?」

と、耳慣れない単語が。

この「キューピット」(キューピッドは誤表記)とは、1970年代に関西の喫茶店で流行したドリンクだ。氷の入ったグラスにカルピス1割、コーラを9割注いでできる(出典=大阪日日新聞)。

現在では提供する店もかなり少なくなっているようで、「キューピット」の味が気になる、または「あの懐かしい味をもう一度」と思った人は、「味わいコーラフロート」を飲んでみるといいかも!?

希望小売価格は140円(税抜)。