勢い止まらぬ「PS4」はソニーを救うのか

写真拡大

「PlayStation 4」(PS4)の販売が好調だ。その売り上げはソニー全体の利益を増やし、同社の勢いの源となっている。PS4の販売台数の推移を、マイクロソフトの「Xbox One」、任天堂「Wii U」と比較したグラフも紹介。

「勢い止まらぬ「PS4」はソニーを救うのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

「PlayStation 4」(PS4)の勢いは、留まるところを知らないようだ。販売台数が全世界で2,530万台に達し、しかもまだ増え続けていることをソニーが明らかにした。PS4は、7月末までの3カ月間で約300万台が販売された。この数は、昨年の同4半期の270万台よりも増えている。

PlayStation部門の好調な売れ行きは、ソニー全体の利益を増やすのに役立った。営業利益は前年同期比38.8パーセント増の969億円となり、純利益は824億円となったのだ。

ソニーは、2015年会計年度のハードウェアの販売見通しを、160万台から165万台へと上方修正。この計算が現実になれば、PS4の販売台数は、2016年3月までに世界で3,900万台という驚異的なレヴェルに達することになるだろう。

この数字を、ほかのゲーム機と比較しながら見てみよう。任天堂は7月29日、「Wii U」の販売総数が1,000万の大台に乗ったと発表したが、Wii Uの発売はPS4発売の1年前の出来事だった。

PS4の最大のライヴァルであるマイクロソフトの「Xbox One」も、このところ販売数が伸びているが、2014年12月に正式に発表された最新の数字を見ても、販売台数は1,300万台を超えた程度だ。

各ゲーム機の、これまでの販売推移。

しかし、PS4が「PlayStation 2」に追いつくまでの道程はまだ長い。2000年5月に発売されたPlayStation 2は、12年という前例のない長期にわたって1億5,500万台が売れた人気ゲーム機だ。ソニーにとって最も成功したゲーム機というだけでなく、これまでに発売されたすべてのゲーム機のなかで最も大きな成功を収めた製品だといえるだろう。

PS4が「PlayStation 3」より安い価格(英国では、PS3が425ポンドだったのに対し、PS4は349ポンド)で発売されたことが好調の一因であることに間違いはないが、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)傘下のSCEワールドワイド・スタジオ代表取締役を務める吉田修平会長でさえ、昨年「何が起こっているのか、完全に理解できていない」と語っていた(日本語版記事)。

プレイできるゲームタイトルの数は、PS4よりもXbox Oneのほうが多い。だが今後は、「ストリートファイターV」「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」「No Man’s Sky」「ラチェット&クランク」「人喰いの大鷲トリコ」「シェンムー3」など、PS4専用の大作タイトルが次々と発売される予定になっている。仮想現実(VR)ヘッドセット「Project Morpheus」(日本語版記事)への期待とも相まって、ソニーの勢いはますます止められなくなるかもしれない。

TAG

GamePS4SonyWIRED UK