チャンスに絡めなかった興梠だが、ボールを拾ってタメを作るなど身を粉にして働いた。その献身的なプレーがなければ、日本はさらに苦しんでいたはずだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

「難しかったですね」

 

 
 ミックスゾーンに現われた興梠は、開口一番そう言った。
 
 立ち上がりから韓国にボールポゼッションを握られた日本は、引き気味に構えて守備的に戦った。前線の興梠は孤立し、飛んできたとしてもアバウトなロングボール。それでも、「近くにあまり味方がいなかったので、ボールが来たらひとりかわそうかなというイメージでやっていました」と巧みにボールをキープしていたが、本人は納得できなかったようだ。
 
「自分も工夫してもらわないといけなかった。今日の試合に関してはシュートを1本も打ってないし、そういうチャンスもなかった。今の実力はこれくらいなのかなと感じました」
 
 確かに、シュートゼロはFWとして痛恨だろう。たとえチームとして守備重視で戦ったとしても、少ないチャンスのなかで決定的な仕事をするのが真のストライカーだ。
 
 とはいえ、そのチャンスにさえ絡めなかった興梠がてんでダメだったかと言えばそうではない。最終ラインからのビルドアップがなく、攻撃のテンポがなかなか上がらず、しかもクリアボールを拾われて二次攻撃を食らう展開のなか、興梠はむしろ孤軍奮闘。クリアボールに必死に食らいつき、キープできればタメを作る。まさに身を粉にしたこのCFがいなければ、日本はより厳しい戦いを強いられていた可能性もある。
 
 攻撃が低調だった原因は、興梠ひとりにあるわけではない。チームとして形を見出さなければ、興梠にも、他のFWにもゴールチャンスは来ないということだ。
 
「なかなか(味方の)近くでプレーできなかったし、みんな守備で疲れていた。距離感も良くなかったし、自分自身ももっとボールにたくさん触って周りを活かしたかったけど、それもできなかった。まあ、途中から攻撃に出る時も遅い感じだったので、監督が狙っていることはまだまだできてないんじゃないかなと思いました」
 
 興梠が指摘した距離感の遠さは、おそらく北朝鮮戦に出場した川又も感じているチームの課題だろう。これは、ハリルホジッチ監督が思考する、堅守からの「縦に速いサッカー」につきまとう命題とも言い換えられそうだ。
 
 最終戦の中国戦までは、中3日。「次にチャンスをもらったら、点に絡みたいと思います」と言う興梠は、次戦までの短い準備期間のなかでどんな答を出すのだろうか。
 
取材・文:五十嵐創(サッカーダイジェスト編集部)