PK献上の主将DF森重、失点後のチームに手応え「最後まで戦えた」

写真拡大

 日本代表は、5日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第2戦で、韓国代表と対戦し1−1の引き分けで終わった。2日に行われた北朝鮮戦(2−4で敗戦)に続いてフル出場したFC東京所属のDF森重真人が、試合後に記者団の取材に応じている。

 試合後、「勝てなかったのが残念です」と率直に感想を語ったキャプテンの森重は、「しっかりブロックを作って自分たちで狙ったような守備ができるように、あとは組織でしっかり90分動けるように」と試合運びの狙いを明言。北朝鮮戦では、ロングボールの対応が課題となったが、韓国代表の長身FWキム・シヌクの対応については、「しっかり1試合目の反省点を生かしてうまく守れたかなと思います」と手応えを語っている。

 また、自陣のペナルティエリア内でハンドをしてしまい韓国にPKを献上した森重。「あれはもうサッカーやってたらアクシデントってのはあるので、そこは別に振り返る必要はないかなと思います」と語ると、「アクシデントを乗り越えて、チームがバラバラにならないで最後まで戦えたっていうのは1試合目より2試合目にいい結果、いいチームっていうのを見せれたのかなと」と失点後のチームのパフォーマンスを評価。「徐々にチームっていうのはよくなってくると思う。そうやって大会を通じてどんどん右肩上がりになっていければいいかなと思います」とコメントし、9日に行われる最終戦の中国代表との対戦で、チームとしてより良いパフォーマンスを誓った。