韓国戦の引き分けを受け入れるハリル「満足すべきじゃないか」

写真拡大

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、韓国戦の結果を「満足すべきじゃないか」と受け入れた。

 日本代表は5日、EAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国代表と対戦。1−1と引き分けたため、最終戦を残して大会連覇の可能性が消滅した。

 北朝鮮戦から先発5人を入れ替えて臨んだハリルホジッチ監督だが、守備では負傷を抱えて初戦の先発から外れていたDF太田宏介を左SBで起用したのみ。「ディフェンス面で強さを見せたんじゃないでしょうか。北朝鮮との試合から5人を交代して臨んだわけですが、ディフェンス面に関してはしっかりポジションを取ることができた」と一定の手応えを示した。

 PKで先制点を許すも、MF山口蛍のA代表初ゴールで同点に追いついた日本代表。しかし、攻撃面でやや消極的な印象が残った前半を、指揮官は次のように振り返る。

「確かに、ブロックはちょっと下がっていました。それはハイプレスをかけられなかったから。疲労で高い位置からプレスをかけられませんでした。つまり、ある程度リアリストにならなければハイレベルな戦いはできなかった」

 また「日本の選手たちは、プレッシャーがある中でのプレーに慣れていないことは真実として言いたい」と指摘。「ボールポゼッションするためには、テクニックとフィジカルがかなりハイレベルでなければいけない。私が就任して初めてチャンスが少ない試合だった」と厳しい言葉も口にする。

 ハリルホジッチ監督は、就任して初黒星を喫した北朝鮮後に「3日前に到着して、1回しかトレーニングができなかった」と過密日程に言及していた。今回も恨み節のように「1日の準備期間しかなく試合に臨んでおり、大したトレーニングはできませんでした」と繰り返していたが、「そういう中で、こういうパフォーマンスを出してくれた選手は評価しています」と選手たちに労いの言葉をかける。「もちろん我々はもっと良いプレーができると思っています。ただ、今のところはこれぐらいで満足するところもあります」と語り、過密日程などの自分たちを取り巻く環境を踏まえた上で、「トーナメントで一番強い相手」と評する韓国との引き分けを受け入れた。

 日本は9日、中国代表との最終戦を迎える。「3試合目にしっかりトライして、勝利を探しに行こうと思っている」と今大会初勝利へ意欲を示した。