遠藤は2試合続けて右SBでプレー。一定の手応えを掴みながらも、クロスや運動量を自身の課題に挙げる。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

 
 東アジアカップの日本対韓国は8月5日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれ、日本は1-1で引き分けた。

 【マッチレポート】日本 1-1 韓国

 
 韓国戦を終えた4選手のコメントをお届けする。
 
 
遠藤 航(湘南/DF)
 
――球際の勝負で勝ったり、こぼれ球でブロックしたりした場面がかなり多かったが。
 
「ひとつ球際は自分の中では意識はしていて、そこで負けないことは自分の良さでもあるし。でも、そういうところで何回か奪われたり、裏を取られたりしたシーンがあったので、そこはもちろん奪えたところもありましたけど、ちょっと北朝鮮よりは五分五分の戦いだったかなって思いますけど、そこまで自由にやらせなかったところは続けていければいいなと思います」
 
――失点は不運だったが、ロングボールやクロスに対して最終ラインが身体をぶつけたり、弾いていたと思うが、そのあたりの対応は?
 
「でかい人が相手にひとりいましたけど、その選手に対して最悪1枚は付く。人数が足りていれば、2枚で挟んでついたりする工夫はCBとSBで一緒にできたと思うので、そのへんは悪くなかったと思いますね」
 
――北朝鮮戦に比べて、航くんから斜めのくさびが何度か入ったが、意識したプレーだった?
 
「そうですね。興梠慎三くんがああいうボールを狙っているっていう話を試合前からしていたので、僕もそこを通せればいいなって思っていたので、もう少し回数を増やせればよかったと思うんですけど、何回か見ながら、後半は特に相手も間延びしたところがあったので、出しやすかったと思います」
 
――相手は4-2-3-1で、日本は4-3-3のような形で中盤をマッチアップさせたように見えたけど、ゲームプランは相手の良いところを消しながら、隙を見てという形?
 
「一枚、藤田くんが入ることで、相手の9番に対して前でやらせないのをまずは意識した。サイドのところは結構SBが高い位置に来て、キム・ミヌ選手が中に入ってきたりして、ちょっと難しいところがあったんですけど、基本的には永井くんと話をして、そこは2対2でしっかり守り、後半は中はあまり気にせず、サイドで起点を作らせないで、球際のところに行けという指示があったので、そこは意識をしました。全体的には守備のバランスは悪くなかったと思います」
 
――(山口)蛍くんのゴールで追い付いた前後はリズムが出てきたけど、最初の20分ぐらいは向こうに持たれる時間帯があったけど。
 
「前から(プレスを)掛けられれば一番良かったんですけど、無理な時には行きすぎないでというか、後ろで引いて守ってやるのもひとつ大事だなっていう話はしていたので」
 
――割り切った部分もあった?
 
「そうですね」
 
――昨日の練習の効果かどうかは分からないけど、今までは縦を意識した練習が多かったけど、昨日は軽い練習で、細かいパスの練習などの意識付けもあった?
 
「やっぱ、こういう気候と暑さなので戦い方は考えなきゃいけないと思うし、U-22でもテグさん(手倉森監督)がよくこういう暑さでのコントロール力という話はしていますけど、そういうところも自分だけじゃなく、(柴崎)岳とか中盤の選手も含めて、チームとして出していければいいと思っていたので、今日はそういうところは上手くプレーができたんじゃないかと思います」
 
――監督もそういうところは容認しつつ、狙える時は狙っていけと。
 
「そうですね。そういうブロックを作る場所も3つぐらい設けて、行けるところと行けないところは自分たちで判断しろ、というところは北朝鮮戦の反省から言っていました」
 
――2試合目のSBで攻撃面の手応えは?
 
「北朝鮮戦よりは、後半などに前に行くシーンを増やせたと思っているので、あとは最後の精度やクロスの精度、合わせるところを修正したい。相手が間延びしてチャンスになりそうな場面もあったので、もっととシュートで終わるとか、そういうところまで持っていければ良かったと思います」
 
――今後はボランチやCBで出場の可能性もあるが、A代表でSBをやりながら見えてきたことは?
 
「A代表が求めるサッカーというのは、監督が高いレベルを目指しているので、球際や切り替えの部分、縦の意識が物足りないという話は監督もしていて、そういうところはSBとして自分の良さを出したいと思っていた。自分の良さを出しながら、もっと運動量など足りない部分を上げて行かなきゃいけないと感じています」
 
――チーム作りとしてまだ最初の段階。意識付けをしている時に結果を求められて、そのなかでゲームコントロールという話も聞かれるが、選手も頭で分かっていてもさじ加減が難しいのでは?
 
「今は結果を求めるのか、自分たちのスタイルを確立するのかというところがすごく難しいと思いますし、自分もまだA代表に来て2試合目なので、そういうところは周りと話をしながら、こうしようと話しながら成長していければと思っています。でも大事なのは、チームとして同じ方向を向いて、今日だったらこういう戦い方をしようという意思統一をしながら、自分たちのサッカーをやっていくことだと思います」
 
藤田直之(鳥栖/MF)
 
――今日、アンカー気味に入って相手の8番を見たり、9番と競ったこぼれを拾っていたと思うが、自分のミッションの手応えは?
 
「試合前、アンカー気味で付くという話を監督からされて、試合の流れの中でマンツーマンで付け、っていう話が監督からあったので、試合前の指示でもそこをタイトに行くけど、ノーファウルでやれって強く言われていたので、そこで何本かいらないファウルを与えてしまったのは反省点です。そのなかで奪った後、攻撃への一歩目のパスでもっと起点になれたら良かったと思いますし、中盤の選手がボールキープで困っている時に、もっと顔を出してサイドチェンジだったりができなかったので、課題として残りました」
 
――北朝鮮戦、チームとして縦に、縦にっていうのが多かったけど、蛍くんが点を取る前後はリズミカルにパスが回っていた。
 
「初戦の北朝鮮戦は、開始15分ぐらいは良い入りをしたけど、そこから運動量が落ちて相手ペースになってしまった。今日も最後はちょっと相手ペースになってしまったけど、前半の途中だったり、後半の途中に奪ったボールをショートパスからカウンターに行けるシーンもあった。岳と蛍が良いポジショニングから、良い組み立てをしてくれて、自分としてはリスク管理としてりバイタルエリアを埋めるのを意識してやっていた。そんななかでも奪われた後に、もっと自分と蛍と岳のところでボールを奪い返すことができたら、二次攻撃、三次攻撃と分厚い攻撃ができたと思うけど、相手も強くて、奪った後に大きいFWに高いボールを入れて時間を作られたので、そこの切り替えの部分で自分がもう少し働けたら良かったと思います」
 
――ブロックを作って、ラインを低めにというのは、事前の申し合わせ?
 
「ブロックの高さは選手たちで判断してやれという感じだったので、連戦のなか、相手ほどコンディションが良くないなかで、前からプレスをかけすぎるのも良くないっていうのは話をしていた。しっかり耐える時間帯も絶対にあるし、そういう守り方も悪くなかったと思います」
 
――昨日、監督が北朝鮮戦のビデオを見ながら1時間40分ぐらいミーティングをしたと言っていたが、それを踏まえて上手く改善できた部分は?
 
「(北朝鮮戦は)大きいFWにボールを入れられて2失点してしまったので、そこはしっかり改善されていたと思いますし、(今日は)ヘディングされてピンチを招いたシーンはなかったし、中盤のセカンドボールを拾う意識を含め、確実に改善されていると思う。あれだけ(相手FWが)大きければ、CBが弾き返すのは難しいと思うので、トップ下に自分が付いて行ったり、槙野が競ったら森重がしっかりカバーに入るといった役割はできていたし、そこは改善されたと思います」
 
――セカンドボールはすごく拾えていました。
 
「競る時もポジショニングをしっかり取ろうと声を掛けてやっていたので、選手が良い距離感でやれている時は、ボールは拾える。前に力のある選手が多いので、マイボールにしてしっかりつなぐことができましたし、そこは改善された」
 
――韓国という完成度の高いチームに対して、アンカーでこれだけできたのは自信になるのでは?
 
「いや、個人としては悔しいというか、満足の行くデビューではなかったので、守備面でもっと貢献できたと思うし、攻撃の起点、ボールに触る回数も少なかったです」
 
――もっと攻撃面で貢献したいというのは?
 
「あそこでもっとボールに触れれば、ゲームを落ち着かせることもできると思いますし、そのシーンがあまり多くなかったかなっていうのは反省点です」
 
――Jリーグと比べて相手の違いは?
 
「やっぱり体格、スピード、フィジカルのところで、特に韓国の選手は秀でていると思いますし、一瞬のスピードは感じましたね」
 
 
西川周作(浦和/GK)
 
――守り方は改善されたように見えたが。
 
「第1戦を踏まえて、声を掛けるタイミングを意識しながら今日はやれた。勝てなかったけど、1戦目よりも守備は手応えを感じられたゲームでした」
 
――9番に対する対応も守備陣で話していたとおり?
 
「そうですね。本当に監督からの要求と、それを選手がピッチで表現できたのかなと思いますね」
 
――お互いにチャンスが少なかったが。
 
「相手は背の高い選手がたくさんいたりして、セットプレーがカギになってくるのかなって思っていたので、最後のFKもできるだけ高くっていうところをDFに要求して、なるべくライン設定を高くして、自分が出られる範囲を広くしようとした。相手もラインを上げることでプレッシャーになったと思うので、良いボールが飛んで来なかったのは、自分たちがトライした結果だと思います」
 
――PKを取られたけど、あれだけ攻められると、ああいう不運も起こる?
 
「PKの失点すぐ切り替えることができました。前半のうちに蛍の素晴らしいシュートで追い付けたのも非常に良かったし、欲を言えば、監督も言っていたんですけど、最後もう少し勇気を持ってトライできれば良かったとて思いますけど、非常に良いゲームだったと監督は言っていました」
 
――今日のメンバーは、意外だった気もするが。
 
「第1戦に出た選手はリカバリーのトレーニングに時間を割いていたので、逆にトレーニングしないってことは、次あるのかなってみんな準備していた。当然みんなが試合に出たいと思って来ていますから、第3戦もあるので、しっかり勝って日本に戻りたい。応援してくれている人のためにも、このままでは帰れないと思います」
 
――今日のメンバーが分かったのはいつ頃?
 
「今日の昼のミーティングの時に分かりました」
 
槙野智章(浦和/DF)
 
――韓国は日本が守備的に来たと言っているが、実際にはどうだった?
 
「1試合目の分析を見ると、監督も言っていましたけど、チームの完成度が高いという印象を受けましたので、まずは守備からっていうところから入りました。相手のストロングポイントを消しながら自分たちの良さを出していこうと思っていました」
 
――結果的に守備的になりながらも、どういうところで攻撃のリズムを掴んでいこうと思っていた?
 
「守備的という言い方はちょっとおかしいかもしれないですけど、自分たちで3つのブロックを作ることで、相手にボールを持たれた時、ゴール前のコンパクトなブロックを作ることが自分たちにとって大切だった。(韓国は)トップに身長のある選手がいたので、彼をペナルティエリアに入れないようにラインをストップさせて、前の選手との距離を縮めることが今日は非常に大切だった。守備的と言いますけど、ラインを少し下げるなかでも、そこからボールを奪って縦に速くっていうことは考えてやっていました」
 
――守備の確認をやって臨んだ?
 
「間延びせずに」
 
――何度か間延びしそうになったけど、最終的には90分通して意識できたと思うが。
 
「1試合目の反省を活かそうということは、みんなで話していました。1試合目の失点のプレーを見ると、ロングボールだったりとか、前線の高さにやられていましたので、よりラインを高くすることと、セカンドボールへの意識というのは話をしていた。ボールを奪った後にすぐに(ボールを)失う傾向が1試合目にあったので、よりボールを保持することは考えてやっていました」
 
――見ていて、焦って縦に出してミスするシーンはすごく減った。
 
「はい。そうですね。縦に早くっていうことは監督も言っていますけど、よりグラウンドの幅を使うことは意識してやりました」
 
――そこは監督も合意して、チームとしてやろうという話になった?
 
「監督の指示もありましたけど、ピッチ上における選手たちの要求がすごく出ていました。今、なにをしなければならないのかっていう声が、我慢時なのか、今相手が疲れているから、今こそ早くっていうことも言っていましたし、状況に応じて選手が考えてプレーすることが、1試合目よりも今日はできたと思います」
 
――今日、あまりチャンスを作れなかった理由は?
 
「相手の完成度が高いのは認めざるを得ないと思います。ただ、ボールを持った時にショートカウンターが何度かハマりましたし、我慢することで何度か危険な攻撃を仕掛けられた。向こうはPKでゴールを取りましたが、うちは流れのなかで取っているので、すごく良い試合だったと思います。攻められているという感覚はありませんでしたね」
 
――9番と相当良い勝負を繰り広げていました。
 
「1試合目は2メートルある選手に2ゴールを喰らったので、同じ失点はやってはならないし、逆にチャンスだと思っていたので、同じような相手がまた来るのは試されていると思った。何度かファウルはありましたけど、高さの部分と監督の言うデュエルの部分では、気持ちと戦う姿勢を出せた」
 
――森重くんがそばにいたり、藤田くんも近くにいて、こぼれ球の回収だったり、相手を挟んでのボール奪取も見られた。
 
「近くにいる選手との連係で挟みこんだり、1試合目にはなかった連係の部分で非常に上手く守れたと思います」
 
――カバーしてもらえるという信頼があるから、当たりにも行ける?
 
「時間もかけて、今日は藤田が初めてでしたけど、森重とはやっていますし、太田もやっていましたので、上手く連係を深めてやっていこうと思っています」
 
――その中で勝ち切れなかったのは、どう受け止めている?
 
「監督やコーチの話では、良いゲームしたと。選手たちは勝ちたかったし、もっとできたという印象はあります」