数的有利を作りながら、韓国の攻撃を撥ね返す。北朝鮮と比べて安定感が出てきたが、森重は「もっと良いチームになれる」と上を見据える。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 東アジアカップの日本対韓国は8月5日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれ、日本は1-1で引き分けた。

【マッチレポート】日本 1-1 韓国

 
 韓国戦を終えた2選手のコメントをお届けする。
 
森重真人(FC東京/DF)
 
──韓国戦を振り返ってください。
 
「難しい試合になった時に負けないで、勝点1を取る戦い方も大事です。北朝鮮戦ではそれができなくて残念でしたが、今回は最低限の結果に持って行けた。焦らないで1-1のまま良い戦いができればいいし、気持ち的になにが大切なのかをピッチの中でみんなと共有できれば、もっと良いチームになれると思います」
 
──チームとしてブレているわけではないのでしょうか?
 
「そうですね。やっていることは一緒。監督のやりたいことを理解しようとして、それをピッチで表現しようとしています。もっと時間が経てば良いチームになると思います。やはり時間は必要なのかなと」
 
──北朝鮮戦より守備が改善されていた印象もあります。
 
「上手く数的優位を作りながら、そこで勝てなくてもセカンドボールを拾おうという話は、試合前にみんなでしていました。良い対応ができたと思います」
 
──アンカー(藤田)とCBふたりの関係が特に良かったのではないですか?
 
「相手のトップ下にはナオ(藤田)がほぼマンツーマンで、1トップには自分と槙野ふたりでついたおかげで、割り切って守備ができました」
 
太田宏介(FC東京/DF)
 
――怪我明けでも最後までしっかりと戦えていたと思いますが、感触はいかがでしょう?
 
「(怪我明けで)90分間プレーできたのはポジティブに捉えています。韓国のほうが完成度は高かったと思いますが、失点後にすぐ追いついて、そこから耐えられたことは良かった」
 
――対面した相手に対して、尻上がりにしっかり対応できていた印象です。
 
「時間とともに相手の特長も分かりました。最初は少し距離感があって自由にさせてしまいましたけど、(倉田)秋を上手く使いながら、後半は距離感を詰められた。自由にやらせないように意識していた一方で、もうちょっと攻撃に出たかったのが正直なところです」
 
――クロスは狙いどおりのものでしたか?
 
「ちょっと出し手と受け手のタイミングが合ってなかった。そこはこれから合わせていければと思います」
 
――今の日本代表は縦にしっかりつけながら連動して前に出ていくスタイルですが、太田選手はクロスをどうやって活かしていくのでしょうか?
 
「縦パスを(FWに)当てて、落として、サイドに展開するパターンで自分が空いているシーンが後半に3、4回ありました。でも、そこでもっとシンプルに要求してもいいと思うし、パスが出てくれば、クロスで終わるイメージはありました。実戦に近い練習はまったくできてなかったので仕方ない部分はあると思いますけど、コミュニケーションを取って練習からもっと要求し合っていきたい」
 
――次は中3日で中国戦です。
 
「蒸し暑さと悪いピッチコンディションでの試合で、体力の消費がかなりある。まずはしっかりと回復することをメインに考えたい」
 
――チームとしてあまり攻めに出て行かず、手堅く守備を固めていた気がします。今日の勝点1をどう考えていますか?
 
「まずはゼロに抑えたかった。そのなかで早い時間に失点してしまって、そこからは『絶対にゼロで』とディフェンスラインでずっと話していました。願わくば勝ちたかったですけど、最低限の結果かなと今は割り切っています」