北朝鮮戦に続き、スタメン出場した永井。自慢のスピードで相手ゴールに迫る場面もあったが、結果を残せなかった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 東アジアカップの日本対韓国は8月5日、武漢スポーツセンタースタジアムで行なわれ、日本は1-1で引き分けた。

2015.8.5東アジアカップ 第2戦|日本 1-1 韓国

 
 韓国戦を終えた2選手のコメントをお届けする。
 
永井謙佑(名古屋/FW)
 
「2戦目(韓国戦)は自分たちの間合いでやっていたから、1戦目(北朝鮮戦)ほどはしんとくなかった」
 
――手応え的には北朝鮮戦よりもありましたか?
 
「そうですね。距離間も、ブロックもしっかりできていた。失点もPKだけですし」
 
――後ろでゆっくり回しながら、というシーンもありましたが?
 
「全部が全部、速攻はできないので。キープできる時はしてほしいと伝えていましたし、監督も、組み立てながら、というのは言っていたので」
 
――まだ中国戦が残されています。

「しっかり準備して、戦えるように頑張りたい」
 
「すべて上手くいくわけじゃない。そういうなかで一つひとつ積み上げてやっていきたい」
 
川又堅碁(名古屋/FW)
 
――少なからずチャンスはありました。
 
「あれは行くべき。ニアは行くべきだった」
 
――短い出場時間のなかで、難しさもあったのでは?
 
「あのなかで点を取ることを求められているから、そこで点取らんとなんの評価もない。なにもできんかった」
 
――盛り返した後半をベンチでどう見ていましたか?
 
「良い流れやったから、そこで追加点が欲しかったけど、もし自分が出たら1点欲しいなとは思ってました」
 
――次の中国戦までは中3日です。
 
「みんな(コンディションは)良いと思うから、次はしっかり勝ちたい」