勝利が遠い日本…柴崎、課題は「カウンターの精度と運動量」

写真拡大

 日本代表は5日、EAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国代表と対戦した。

 先制された日本は39分に、MF山口蛍の代表初ゴールで同点に追いつく。しかし、後半は互いに決定機を作りながらも得点に結びつけることができず、1−1で引き分けた。

 試合後、先発フル出場したMF柴崎岳は、「勝利を目指してしっかり戦ったんですけど、結果がついてこなかったので残念です。蛍くんが良いシュートを決めてくれて、チームも波に乗れたので、そのまま戦えればよかった」と引き分けに悔しさを見せる。

「相手がボールを持つ時間が長かったですけど、数少ないタッチ数の中でボールを収めて、チャンスに繋げる」ことを意識したと振り返る柴崎だが、勝利まであと一歩及ばす。「カウンターの精度をもっと高めないといけないですし、もっともっと人がわいてくるような運動量も必要だと思います」と課題を口にした。

 日本は、9日に中国代表と対戦する。「まだ勝てていないので、1勝して帰りたい」と最終戦を見据えた。