ハリルホジッチ監督、新メンバーに向上要求「代表定着へもっと練習を」

写真拡大

 日本代表は、5日に行われたEAFF東アジアカップ2015の第2戦で、韓国代表と対戦し1−1の引き分けで終わった。

 試合後、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「今日はディフェンス面に関しては、かなり前回よりも良い状態だった。我々はしっかりポジションをとってコントロールしました」と試合を振り返った。そして、「我々よりもフィジカル的に強い相手だったので、厳しい状況でしたけど、後半少し得点のチャンスがあって、慌てた状況がなければ勝つ可能性もあったと思います」と、勝利への可能性に言及するが、「同等の結果だった」とコメントしている。

 また、同試合でMF藤田直之とFW倉田秋が代表デビューを飾り、MF山口蛍も代表初ゴールを決めた。同監督は、「何人かの選手にはチャンスを与えました。代表に定着するためにもっとトレーニングをしてほしいと思っています」と新メンバーにさらなる向上を要求。だが、「このチームのスピリットは素晴らしい物でした。疲労はかなりありましたが、全員が最大限を出してくれました」と選手のパフォーマンスを振り返った。

 日本代表は9日に行われる最終戦で中国代表と対戦する。