豪快ミドル弾の山口、勝利を逃し「代表初ゴールは素直に喜べない」

写真拡大

 日本代表は5日、EAFF東アジアカップ2015の第2戦で韓国代表と対戦した。

 試合は、27分にDF森重真人がペナルティエリア内で相手選手と競った際にハンドを取られ、PKで失点を許してしまう。迎えた39分、エリア手前でパスを受けたMF山口蛍が右足で強烈なミドルシュートを叩き込み、前半のうちに同点に追いついた。しかし、後半は互いに決定機を作りながらも得点に繋げることができず、1−1で引き分けた。

 試合後、山口は「苦しい時間がすごく長かったですけど、みんなでオーガナイズをしっかりして守れたと思います。カウンターでいくつかチャンスはあったので、そこをしっかり仕留められれば苦しい試合ですけど勝てたと思う。前向きに捉えたいです」と振り返った。

 今回が代表初ゴールとなった山口だが、「監督には練習から打っていけと言われていたので、そのまま打ったら入ってしまったという感じです。この大会で優勝するためには勝ちが必要。それに繋がらなかったので、あんまり素直には喜べないです」と勝利を逃したことに悔しさを見せた。

 また、初戦の北朝鮮戦から修正できた点について「攻め急がずに、相手が押し込んでくる中でも、しっかりブロックを作ることはチームとして上手くできた」と語り、守備に一定の手応えを示した。

 日本は9日、中国代表と対戦する。連覇の夢は絶たれたが、「しっかり勝って日本に帰りたいと思います」と今大会初勝利を誓った。