Doctors Me(ドクターズミー)- 《脂質や塩分にはご注意》妊娠中の食事は何がよい?

写真拡大

妊娠中の食事は赤ちゃんの成長に関わるため、とても重要です。では、どのようなものを食べるのがよくて、どのようなものがダメなのでしょうか?
今回は、妊娠中の食事、マタニティーフードについて医師に解説していただきました。

つわり中は食べられるものだけ食べればOK

妊娠中は色々と神経を使うことが多いと思いますが、あまり神経質になりすぎる必要はありません。特に妊娠初期などつわりのひどい時は、人によって酸っぱいものやカリッとしたものなど、食べたいもの、食べられるものが限られてきますので、自分の欲求に従い食べることによって体力をつけてください。
一回にたくさん食べるのではなく小分けにして何度も食べたり、自分に向いている方法を探しましょう。
また、水分をとらず、脱水傾向になるとよけいに気持ち悪くなることもあるので、水分はなるべくこまめにとるようにして、脱水にならないようにしましょう。

とくに妊娠初期にとりたい葉酸!

気をつけたいのは、妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの神経の発達に影響がでることがあるため、葉酸を含むものを積極的に食べるようにしましょう。
具体的には、

・アスパラガス
・えだまめ
・ブロッコリー

などです。
葉酸は妊娠前からとってももちろん問題ありませんし、つわりが落ち着いて食べられるようになってきた時には、お母さんの体力をつけ、赤ちゃんを育てるためにバランスのよい食事を規則正しくとりましょう。

妊娠中は便秘になりやすい?

赤ちゃんの体を作るため、魚、肉、大豆、乳製品などタンパク質や必須脂肪酸を含む食べ物をしっかりとり、野菜や果物、海藻などでビタミンや、カルシウム、鉄、マグネシウムなどのミネラルをとりましょう。
また、妊娠中は便秘になりやすく、プレママの体調不良の原因ともなりやすいので、きのこや野菜、芋類など食物繊維を多く含む食品もしっかりとることが大切になります。

【医師からのアドバイス】

妊娠中は、油などからの脂質や塩分をとりすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病など赤ちゃんにも母体にも影響がでる状態になることがありますので、気をつけましょう。