ケアの優先順位がつい低くなってしまうカラダのパーツ

写真拡大 (全3枚)

 ネオマーケティングは、7月10日〜13日の間、全国の20代〜30代の男女500人を対象に「女性の背中」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

 同調査で、女性に対して「ケアの優先順位がつい低くなってしまうカラダのパーツ」について聞いたところ、1位は「背中(30.7%)」、2位は「お腹(22.7%)」、3位は「二の腕(22.0%)」という結果になった。

 そこで、「背中まで「鍛える」「ケアする」女性は、どのような女性だと思いますか?」という質問をしたら、55%の男性が「美意識が高い」と回答。一方、女性は72.7%が「美意識が高い」と答えており、男女で17.7ポイントの差が出た。

 このほか、女性に対して「背中を大胆に魅せられる女性に対して、どのような感情を抱きますか?」と聞くと、49.7%の人が「羨ましいと思う」と答えてトップに。また、「セクシーだと思う(38.0%)」「憧れる(30.0%)」「魅力的だと思う(29.3%)」などの回答も多かった。