夏真っ盛りの季節は、続く暑さに疲れが溜まり、夏バテになりやすい時期でもあります。そんな時は、夏が旬の野菜の力を借りて、溜まった疲労を吹き飛ばしちゃいましょう。

夏バテを加速させるのは効きすぎたクーラー

夏は紫外線によるダメージも大きいですが、その疲れを加速させるのは、効きすぎたクーラーです。室外との温度差が大きすぎると、体の調整が追い付かず自律神経が乱れることで夏バテの症状が出てしまいます。自律神経が乱れて食欲が低下すれば、必要な栄養素が不足して、疲労から回復することができません。疲労の蓄積は、さらに内臓機能の低下を招くという悪循環に。さらに追い打ちをかけるのが、クーラーの冷気によって、手や足の毛細血管が閉じてしまう末端冷え症です。

夏バテ対策には食事と水分の摂り方に気を付けて

夏場でも内臓を冷やさないようにすることは大切です。暑いからと言って、冷たいものばかり食べるのは避け、温かい飲み物や常温の飲み物を飲みましょう。規則正しい食生活を守ることで、エネルギーの補給がスムーズに行きますので、食欲がない時でもできるだけ決まった時間に食事をするようにしましょう。どうしても食べられない時は、食べやすいシリアルなどを利用してみてください。もちろんビタミン・ミネラルの補給は大切ですが、それには、夏野菜が一役買ってくれるはずです。

夏バテ対策におススメの夏野菜3選

1. 胃腸を活発にするゴーヤ

夏野菜の代表格ゴーヤに含まれるモモルデシンという成分は、ゴーヤ特有の苦味のもとです。食欲を高め、胃腸の働きを活発にする働きがあるので、食欲が落ちた時にはおススメです。モモルデシンには、自律神経を正常に戻す働きもあるので、溜まった疲労感を一掃したい時にもピッタリです。

2. 枝豆のビタミンBが体力の低下を防ぐ

枝豆には、エネルギーの代謝を促進するビタミンBが多く含まれています。食欲が湧かず、たくさん食べられない時でも効率よくエネルギーを作ることができるので、体力の低下を防ぎます。枝豆には、大豆には含まれないβ-カロテンやビタミンCが含まれているのも魅力です。

3. とうがんはムクミ対策にGood!

とうがんは95%以上が水分なので、失われた水分を補給するのに最適。また、カリウムを多く含んでいることから、体内に溜まった余分な水分を排出する効果があります。ムクミやすい夏に積極的に食べたい食材ですね。


writer:岩田かほり