米ヤフーがファッションSNS「Polyvore」を買収した理由

写真拡大

米ヤフーは、コミュニティベースのファッション・コマースサイト「Polyvore」を買収すると発表した。EtsyやMintedなど、新しいタイプの「ソーシャル・デジタル・マーケットプレイス」が拡大しており、そのトレンドを活用するための買収だ。

「米ヤフーがファッションSNS「Polyvore」を買収した理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

米ヤフーは、コミュニティベースのファッション・コマースサイト「Polyvore」を買収すると発表した。

ヤフーは、ウェブサイトに公開したプレスリリースで、今回の買収は、消費者と広告主へのサーヴィスの提供を拡充するものだと説明している。

ヤフーはこの買収により、月間ユニーク訪問者数が2,000万人以上の活発なコミュニティを吸収し、同時に、コマース戦略を強化することができる。両社はショッピングのネイティヴ広告[メディアのコンテンツと同じフォーマットで表示される広告]に取り組み、販売業者へのトラフィックや販売を促進するという。Polyvore社は、同社が得意とするモバイルとソーシャルにおいて、ヤフーの成長を後押しできると期待されている。

Polyvore社の創設者でもあるジェス・リーCEO(日本版記事)は、ヤフーのマリッサ・メイヤーCEOが2004年、当時働いていたグーグルでスカウトした人物だったということには、触れておいたほうがいいかもしれない。エリートとして知られるグーグルのアソシエイト・プロダクトマネージャーのプログラムにスカウトされたリーは、創業するまでの数年間を『Googleマップ』のプロダクトマネジャーとして働いていた。

LinkedInによると、リーCEOは香港出身で、スタンフォード大学コンピューター科学科卒。2004年にはNTTドコモの横須賀オフィスでインターンとして働いたこともある。グーグルでは、2004年8月から2008年まで勤務していた。

ヤフーのPolyvore社買収は、さまざまなつくり手や売り手、商品が参加する、新しいタイプの「ソーシャル・デジタル・マーケットプレイス」市場が拡大していることも示唆している。

手づくり品を販売するための巨大サイトとなった「Etsy」のほか、個人のデザイナーやアーティストが作品を販売できる「Minted」、Tシャツを販売する「Threadless」、PinterestのようなUIの買い物ソーシャルサイト「Wanelo」などは、いずれもこのトレンドに当てはまる。言うまでもなく「Polyvore」自身もそうである。

このようなクラウドソースのマーケットプレイスには、通常のオンラインストアより有利な点がある。サイトにはデザイナーや工芸作家、宝石職人など、製品の販路を必要としているアーティストたちが集まってくるため、大がかりなインフラを構築しなくても新製品や新市場に手を伸ばしやすいのだ。

アマゾンでもこの傾向は見てとれる。アマゾンが最近発表した決算発表によると、同社の第2四半期における販売数の45パーセントがサードパーティーの売り手によるものだったという。

デジタル・マーケットプレイスが好調なのは、ヤフーにとっていい話である。ヤフーは、2015年第2四半期のいささか心もとない決算を発表したところであり、ビジネスを好転させるべく努力していることを投資家たちに証明する必要があるからだ。

ヤフーの広告事業は相変わらず不振で、ヤフーが残りのアリババ株でどういう展開を行うかを、ウォール街は慎重に注目している。デジタル・マーケットプレイスの成長トレンドを利用するPolyvore社の買収は、比較的リスクが低い賢明な策といえるだろう。

TAG

BusinessPolyvoreSocialCommerceWebsiteVideoWIRED USYahoo