ベネチアのゴンドラ                 (Photo:©Alt Invest Com)

写真拡大

 前回は、南イタリア、バール在住の哲学者フランコ・カッサーノの“南の思想”を紹介した。カッサーノによれば、“北”すなわちヨーロッパ近代の特徴は「速さ」と「過剰」にある。それは先進国のひとびとに目も眩むようなゆたかさをもたらしたが、同時に、植民地主義やホロコースト、核戦争のような病理的なゆがみをも生んだ。だとしたら“南”はいたずらに“北”を崇め追随するのではなく、「ゆっくり歩むこと」と「適度であること」によって病的な近代を治癒する責務を負っているのだった。

[関連記事]
●ギリシア問題の本質は、「南」が経済だけでなく思想、ライフスタイルすべてで「北」に敗北したということ

 今回は、カッサーノの“南の思想”を日本に紹介したファビオ・ランベッリ氏のイタリア論を見てみたい。ランベッリ氏はイタリア・ラヴェンナ生まれ、ヴェネツィア大学日本語日本文化学科を卒業したのち、京都大学、東京外国語大学に留学して東洋研究で博士号を取得、札幌大学で異文化交流や比較宗教学を講じた(現在はカリフォルニア大学サンタバーバラ校)。

日本人の「イタリア」のイメージは著しく偏っている

 文化人類学者の故山口昌男に師事したランベッリ氏は、『イタリア的考え方』(ちくま新書)、『イタリア的 「南」の魅力』(講談社選書メチエ)などの著作で、日本におけるイタリアのイメージを分析している。

 日本を訪れたイタリア人が最初に驚くのは、レストランやデパートなど街のあちこちにイタリアの三色旗(トリコロール)が溢れていることだ。イタリア人は「国家」というものに強い関心を持っていないので、母国でもこれほどの数の国旗を見ることはないという。

 日本で暮らすようになると、日本人の「イタリア」のイメージが著しく偏っていることが気になりはじめる。

 日本人のなかには、イタリア半島(ローマ帝国)の古代史やルネサンス文化にイタリア人以上に詳しいひとがいる。料理だけでなく、イタリアのデザインやファッションも大人気だ。だがこうした「イタリア好き」も、ごく一部の例外を除いて、現代イタリアの美術や音楽、学問にはほとんど関心がない。

 イタリア映画は1950年代のネオレアリズモ(『自転車泥棒』など)からせいぜい70年代のフェリーニやヴィスコンティまでだし、現代イタリア文学はウンベルト・エーコの『薔薇の名前』しか知らないひとがほとんどだろう。イタリアのポップミュージックについて訊かれて代表的なミュージシャンの名前が出てくるひとは、専門家以外おそらくいないはずだ。

 日本在住のイタリア人をとりわけ戸惑わせるのは、日本におけるイタリア男性のイメージだ。これは男性向け雑誌の表紙を飾るモデルの影響が大きいと思われるが、イタリアの男は「明るい」「気楽」「お洒落」「ちょい悪」で、いつも両手に花で人生を謳歌していることになっているのだ。

 ランベッリ氏は、こうしたステレオタイプは本来のイタリアとはなんの関係もないと述べる。日本人は自分が見たい、ないしは商業主義によってつくられた「幻想のイタリア」を楽しんでいるだけなのだ。

 もちろんこうしたステレオタイプは、イタリア人に対するものだけではない。そもそも日本人は、「日本人」を恥の文化、集団主義、タテ社会、甘えなどのキーワードで理解しているが、ここに日本人だけにしかあてはまらない特殊なものはなにひとつない。こうしたステレオタイプはもともと、太平洋戦争後の占領に備えて米軍がアメリカの文化人類学者ルース・ベネディクトに依頼した日本人研究に基づいている。

 ベネディクトはそれまでいちども日本を訪れたこともなく、日本人の知り合いもほとんどいなかったが、文献資料と日系米国人、日本兵の捕虜とのインタビューによって日本文化論『菊と刀』をまとめた。

 こうした経緯から明らかなように、米軍は日本占領にあたって、「日本人はアメリカ人とどのように違っているのか」の知識を求めていた。日本人とアメリカ人のあいだにもよく似ているところはたくさんあるが、そのような知識には価値がなかったのだ。だからこそベネディクトは、西欧と日本を「罪の文化」「恥の文化」というステレオタイプで論じ、戦後、それが日本に輸入されたことで「日本人」のアイデンティティがつくられていった(これについては『(日本人)』〈幻冬舎文庫〉で書いた)。

 日本における「イタリア」もこれと同じで、イタリア人と日本人がたいして変わらないのでは商品価値はない。日本人の男性(ないしは商業雑誌の編集者)が「ほんとうはこうなりたい自分」を重ね合わせたために、ランベッリ氏から見ると愕然とするような「イタリア人」のイメージが日本社会に氾濫するようになったのだ。

「イタリア料理」は19世紀までなかった

 ランベッリ氏によると、イタリアは(イギリス、フランス、ドイツ、北欧諸国などの)北のヨーロッパから見ればもっとも近い「南」であり、その位置づけは「途上国」だった。創作に行き詰まったゲーテは古代の遺産と陽光あふれる自然に憧れてイタリアを旅するが、自分たちのせわしない日常にはない特別な時間を「異世界」に求めるのは、現代の日本人が沖縄や南の島々に憧れるのと同じだ。

 もちろん当の「南」のひとたちには彼らの日常があるのだが、「北」から一方的にステレオタイプを押しつけられることで、いつしかそのステレオタイプを自ら演じるようになっていく。これが、エドワード・サイードのいう「オリエンタリズム」だ。

 イタリアの歌といえば「オー・ソレ・ミオ(我が太陽)」などのカンツォーネだが、これはもともとナポリ地方の民謡で、一般のイタリア人はほとんど知らないし、聞いたことはあっても歌うことはできない。そもそもカンツォーネ(canzone)は「歌」という意味しかないから、なんの注釈もなければポップス(日本でいえばJポップ)のことだと思う。

 それではなぜ、ナポリの民謡が「イタリアの伝統」になったのか。もちろん歌そのもののちからもあるだろうが、もっとも大きな影響を与えたのは南イタリアからアメリカに移民したひとたちだろう。彼らが故郷を思って歌ったナポリ民謡がアメリカ社会に広がり、それが「カンツォーネ」として逆輸入されイタリアのイメージをつくっていったのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)