写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィリップスエレクトロニクス ジャパン(フィリップス)は8月5日、脳動脈瘤の低侵襲治療に向けた画像解析システム「AneurysmFlow」の販売を開始したと発表した。

同システムは、同社のX線血管撮影装置のイメージガイダンス機能として開発されたもので、頭蓋内動脈ステント留置治療による脳動脈瘤内部および親動脈血管内部の血流パターンの治療前後の変化をリアルタイムに画像解析することができる。これにより、従来のイメージガイダンスでは難しかった、血流形態を客観的にリアルタイムで認識することが可能となり、脳動脈瘤に対するフローダイバーターシステム治療の実施評価と、その方針決定に活用することができるようになる。

「AneurysmFlow」の販売価格は2000万円(税込み、仕様により異なる)で、初年度は国内で約30台の販売を見込んでいる。