『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』 ©2010 Les Armateurs - Maybe Movies - La Parti - Mélusine Productions - STUDIOCANAL - France 3 Cinéma - RTBF

写真拡大

アニメーション映画『くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ』が、8月22日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

【予告編と画像(4枚)を見る】

同作は、ベルギー生まれの絵本作家ガブリエル・バンサンの絵本『くまのアーネストおじさん』シリーズを水彩画のようなタッチで映画化したフランスのアニメーション映画。無愛想で大きなクマのアーネストおじさんと、小さなネズミの女の子セレスティーヌの友情と冒険が描かれる。『アナと雪の女王』『風立ちぬ』と共に『第86回アカデミー賞』長編アニメーション部門にノミネートされたほか、2012年には『フランス映画祭』で上映されている。

監督を務めるのは、バンジャマン・レネール、ステファン・オビエ、ヴァンサン・パタールの3人。脚本はダニエル・ペナックが担当している。なお、上映は日本語吹替版のみとなる。