世界を旅する「ヒッチハイクロボット」、米国で殺害される(動画あり)

写真拡大

カナダの大学の研究プロジェクトとしてつくられた、ひとりでヒッチハイク旅行をするロボット「hitchBOT」。これまでにカナダやドイツを旅してきたが、米国の旅を始めて2週間後、ロボットは無惨な姿となって発見されることになった。

「世界を旅する「ヒッチハイクロボット」、米国で殺害される(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

通りがかった親切な人の力を借りることにより、ヒッチハイクで世界一周旅行を試みていたロボットが、米国旅行を開始してからわずか2週間後、頭と両腕をもぎ取られた姿で見つかった。

hitchBOT」と名付けられた子どもぐらいの大きさのこのロボットは、8月1日(米国時間)の早朝、フィラデルフィアの道端で修理が不可能なほど破壊された状態で発見された。

hitchBOTはこれまでに、ヒッチハイクで26日間をかけてカナダ全土を横断していた。ドイツでも、ヒッチハイクによる冒険を完了している。

関連記事ヒッチハイク・ロボ、3週間のカナダの旅

カナダ・トロントにあるライアソン大学などの研究プロジェクトで生まれたhitchBOTは、今回は米国を横断してサンフランシスコまで行くことになっていた。

赤色LEDによるスマイルと、トレードマークの長靴を身に着けたhitchBOTは、円筒形の頭の首にあたるところに「San Francisco or bust」(サンフランシスコまで行けるか、それとも壊れてしまうか)と書かれたテープを付けていた。そうして通りがかった人の車に乗せてもらい、別の親切な人に見つけてもらえそうな場所で降ろしてもらうという方法で冒険を続けるのだ。

hitchBOTにはGPSが搭載されており、旅の道連れになってくれた人と簡単な会話をすることもできる。また、ロボットは定期的に写真を撮影することで冒険を記録し、InstagramやTwitter(@hitchBOT)に投稿していた。通常は太陽電池パネルを使って充電を行うが、車のシガレットライターから充電することもできる。

@hitchbotが投稿した写真 -

hitchBOTは7月17日、マサチューセッツ州セーレムで米大陸横断旅行を開始し、ボストンとニューヨーク市を訪れていたが、フィラデルフィアの道端で無残な姿で発見されることになった。Twitterに投稿された写真では、頭がなく、両腕をもぎ取られたhitchBOTがごみの中に転がっている様子が写っている。

Canada’s hitchhiking robot lasts just two weeks in US before getting decapitated. http://t.co/802FBRUMho #smh pic.twitter.com/0bJexW3igk

― Lauren O’Neil (@laurenonizzle) 2015, 8月 2

現在のところ、hitchBOTの頭の所在はわかっていない。バッテリーが切れているため、GPSによる追跡ができないのだ。

hitchBOTの製作チームはサイトを更新し、次のようにコメントしている。「わたしたちはhitchBOTを破壊した人物を探して、警察に訴えたりすることはしません。(ロボットと過ごした)楽しかったときのことを覚えていようと思っています。hitchBOTの友人やファンたちにも同じ気持ちでいて欲しいと思います」

製作チームは、hitchBOTが破壊されたことから何を学べるかを考察したうえで、今後「ロボットと人間にとっての未来の冒険」を計画したいと話している。

関連記事「弱いロボット」をつくる異色の工学者・岡田美智男が描く「関係のデザイン」

TAG

RobotVideoWIRED UK