日本代表選手の着用スパイクまとめ(東アジアカップ2015)

写真拡大

中国の武漢で開催されている東アジアカップ2015。ヴァヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は国内組を中心に臨んでおり、2日の初戦では北朝鮮を相手に残念ながら1-2の逆転負けを喫している。

本日5日は韓国と対戦するハリルJAPAN。彼らが今大会で着用しているスパイクをまとめてみた(※違っていた場合は随時修正)。

1.東口順昭(GK/ガンバ大阪)

プーマ エヴォパワー 1.2

日本代表スパイク

2.谷口彰吾(MF/川崎フロンターレ)

プーマ エヴォスピード 1.4

日本代表スパイク

3.太田宏介(DF/FC東京)

ミズノ モレリア 2

日本代表スパイク

4.水本裕貴(DF/サンフレッチェ広島))

ナイキ マジスタ オーパス

日本代表スパイク

シルバーストームパック

5.槙野智章(DF/浦和レッズ)

アディダス アディゼロ f50

日本代表スパイク

※左右色違いのスパイクで有名な槙野。

日本代表スパイク

オリジナルデザインの右足はこんな感じ。

6.森重真人(DF/FC東京)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

7.柴崎岳(MF/鹿島アントラーズ)

アディダス エース 15.1 LE

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

8.藤田直之(MF/サガン鳥栖)

アディダス エース 15.1

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

9.永井謙佑(FW/名古屋グランパス)

ミズノ モレリア ネオ

日本代表スパイク

10.興梠慎三(FW/浦和レッズ)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 10

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

11.宇佐美貴史(FW/ガンバ大阪)

アディダス アディゼロ F50

日本代表スパイク

「スーパーナチュラルパック」

12.西川周作(GK/浦和レッズ)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

13.倉田秋(FW/ガンバ大阪)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 10

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

14.藤春廣輝(DF/ガンバ大阪)

アンブロ アジリード 2 プロ

日本代表スパイク

15.丹羽大輝(DF/ガンバ大阪)

アディダス エース 15.1

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

16.山口蛍(MF/セレッソ大阪)

ナイキ マジスタ オーパス

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

17.米本拓司(MF/FC東京)

アディダス エース 15.1 LE

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

18.武藤雄樹(MF/浦和レッズ)

ミズノ バサラ 001 TC

日本代表スパイク

19.浅野拓磨(FW/サンフレッチェ広島)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

20.川又堅碁(FW/名古屋グランパス)

アディダス エックス 15.1

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

21.遠藤航(DF/湘南ベルマーレ)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「ライトニングストームパック」

22.米倉恒貴(DF/ガンバ大阪)

ナイキ ティエンポ レジェンド 5

日本代表スパイク

「シルバーストームパック」

23.六反勇治(GK/ベガルタ仙台)

ミズノ ウエーブ イグニタス 3

日本代表スパイク


※負傷離脱

権田修一(GK/FC東京)

アディダス エース 15.1 LE

日本代表スパイク

「2015夏モデル」

柏木陽介(MF/浦和レッズ)

アディダス パティーク 11プロ

日本代表スパイク


負傷の権田と柏木を除く、今大会出場23選手をメーカー別に並べると以下の通り。

Nike 9人
adidas 7人
Mizuno 4人
Puma 2人
Umbro 1人

最多はNikeの9人。そしてadidasが7人で続いている。

着用選手が最も多いスパイクはNikeの『ティエンポ レジェンド 5』とadidasの『エース 15.1』でそれぞれ4人。また、adidasでは槙野と宇佐美が最新の『エックス 15.1』ではなく旧モデルの『アディゼロ F50』を選択している。

ちなみに、同じく旧モデルの『パティーク 11プロ』を着用している柏木だが、スパイクは上の写真だと分かりづらいのでプレー中のものも。

View image | gettyimages.com

この通り、インサイド側が黒、アウトサイド側が白のアシンメトリーデザインとなっている。