ヤフオクにプレステ全ソフト出品、中古3290タイトルが即決300万円。

写真拡大

1994年12月3日に発売され、家庭用ゲーム機史上初の累計出荷台数1億台を突破した名機プレイステーション。そのプレステ向けに発売された全作品(日本向け)、計3,290タイトルがヤフーオークションに出品され話題を呼んでいる。

この全タイトル出品は「中古ジャンク扱い」で、「商品状態は汚れ、シミ、色やけ、傷、破れ、シール跡、ラベルの剥がれ、ケース割れ、等様々」とのこと。また、「全てのソフトを動作確認していないのでジャンク品としての出品」としている。オークションページには全タイトルを一か所にまとめた写真などが掲載されており、ダンボールにして98箱分あるようだ。

気になるのはその価格だが、即決価格は3,000,000円に設定されている。

ちなみに、これらのソフトは「ほとんど全て中古品として店及び個人から購入したものです。ジャンク品として売られていたものを買ったのもあります」と、出品者が収集していたものだという。また、「中古ジャンク扱い」としているのはあくまでもすべての動作確認ができていないためで、1,000本ほど起動確認した分についてはすべて動作していたそうだ。