『今夜くらべてみました』出演で話題!水原希子似の新・女装スターが抱く意外な夢
【つげ りょうたくんインタビュー Vol.4】

⇒【前回】インタビューVol.3 http://joshi-spa.jp/297364

 医者志望でありながらモデル並みのルックスで、かつ女装が趣味という異色過ぎるキャラクターが魅力のつげ りょうたくん(大阪市立大学 医学部6年、24歳)。

 女子SPA!が注目していた彼が、昨晩放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、とうとうテレビ・デビューを果たしちゃいました! GENKINGら3人のオネエをゲストに迎えた回で、番組が注目する“最新の美女オネエ”の一人として登場したつげくん。その女装姿のあまりの美しさに、会場ではどよめきが上がっていました。

 かわいいですね〜。でも、普段はこんなにかっこいいんです!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=297732

 さて、そんなつげくんに前回、「恋愛対象は女性と男性どっち!?」という禁断の質問をぶつけましたが、インタビュー最終編となる今回は、彼の女装とはまた違う、もう一つの意外な顔が垣間見えましたよ。

◆東南アジアで診療所を開きたい

――現在、医学部の6年生で来年の春に国家試験とのことですが、今後は医者と芸能人、どちらを目指しているんですか?

つげ:もちろん医者です。今も完全に学生生活がメインです。秋からは、朝7時から夜11時くらいまで勉強漬け。もう、積み上げたらこれくらいの高さ(両手を広げて、50cmくらい)になる教科書をマル暗記しないといけないんです……。

――ひえ〜。医者としては、どの分野を志望しているんですか?

つげ:形成外科です。先天奇形の治療がやりたいんです。

――興味を持つきっかけがあったんですか?

つげ:東南アジアが好きでよく旅行に行くんですけど、先天奇形はアジア系に多いんですよ。日本でも500人に1人くらいの割合でいるんですけど、日本だったら生まれてすぐ手術で治すんですけど、向こうは医療が発達してないからそのままなことが多い。それでもみんな笑顔が明るくて、そういう姿を見てたら、治療のお手伝いができたらって。

――……なんというか、意外ですね。つげさんは美容整形とかに興味があるのかなと思ってました。

つげ:もともとは、美容整形がやりたかったんですよ。だから、美容整形をやりながら、週末に東南アジアに行って無料診療所をやる、みたいなのが理想です。で、50過ぎたら向こうで診療所を開く!

――華やかな世界がお好きなんだとばかり思ってましたが、そういう一面もあるんですね。

つげ:着飾るのはもちろん好きなんですけど、東南アジアにいる時、ユニクロとか適当な服を着て、汚れても気にしない感じが自分の原点に帰れた気がして、元気が湧くんです。

◆第2の夢は、サンジャポのコメンテーター

――そうなんですね、じゃあ、しばらくは芸能活動よりも勉強に専念することになるんですかね。

つげ:そうですね、でもコメンテーターとかやりたいです。サンジャポ(『サンデー・ジャポン』TBS系)とかで(笑)。と言っても、まだ何が自分に合うのかわからないし、テレビや視聴者の方に求められないとできないことだから。

――モデルとか、ご自分の美しさを活かした仕事に興味はない?

つげ:う〜ん、ありますけど、あんまりキレイキレイって言われ過ぎるのもプレッシャーなんですよね。どちらかというと、「面白いね」「一緒にいて楽しい」の方が褒め言葉として嬉しい。そんなキレイぶれるキャラでもないし。

――たしかに、じゃなきゃ、動画の中で「生理用品のCMに出たい」なんて言わないですよね(笑)。

 改めて、その動画を。

⇒【YouTube】つげ りょうた 女装動画 http://youtu.be/l9AiHKRBR3Q

「3高」(高身長・高収入・高学歴)のスペックを持ち、医者という権威的な職業を目指しながらも、「ネオイケメン」(美意識やファッションセンスが高く中性的なイケメン)やオネエといった進化的な要素も取り込んでいる、まさに新人類なつげくん。男性らしさや女性らしさ、社会的な圧力といった鎖を軽やかに取っ払っている彼に、イケメン進化の最終形態を見た気がしました。

 さて、そんなつげくんが女子SPA!で新連載、「つげちゃんの部屋(仮)」を始めます。 毎回、さまざまな女装と共に、プチプラなのに高く見えるファッションや、医学的な知識に基づいた美容・健康に関する情報などをお届けするので、お楽しみに!

●つげりょうた オフィシャルブログ http://ameblo.jp/tsuge-ryota/

<PHOTO/ケニア・ドイ、TEXT/女子SPA!編集部>