海で生息している藻類である海藻の代表はワカメやヒジキ。食物繊維やミネラルが豊富な健康食品ですが、毎日欠かさず食べているという人は少ないのではないでしょうか。みそ汁の具や煮物ばかりでは、飽きてしまいますよね。メニューを工夫して、もっと海藻をたくさん食べましょう。

海藻の健康効果をおさらいしてみよう

海に住んでいる海藻には青のりが代表の緑藻類、ワカメやヒジキ、昆布などの褐藻類、天草などの紅藻類の3つの種類があります。中でも褐藻類にはアルギン酸が豊富に含まれ、コレステロールや血圧を下げる働きがあります。紅藻類にはビタミンAやビタミンB、ビタミンCが豊富です。最も身近なのは褐藻類であるワカメやヒジキなど。褐藻類の健康効果は、ほかにもいろいろあります。

ワカメやヒジキには食物繊維たっぷり

ワカメやヒジキに含まれる食物繊維は水溶性なので、腸内の余分な水分を吸着して、便を程よい硬さにする作用があります。また、不要なコレステロールを排出する働きもあります。

ミネラルが豊富な健康食品

ワカメやヒジキにはカルシウム、鉄、カリウムなどのミネラルが豊富です。健康のために欠かせない栄養素をたっぷり摂れるのは魅力的。ヒジキのカルシウムは牛乳の10倍、干しイワシと同じ位含まれています。

ノンカロリーでダイエットにもピッタリ

ワカメやヒジキは脂質がごくわずかしか含まれていないノンカロリー食品です。ノンカロリーで食物繊維やミネラルを摂取できるので、ダイエットにはピッタリ。食物繊維はお腹の中で膨らむので、適度な満腹感も得られます。

毎日食べるなら調理法を工夫してみて

ワカメやヒジキが体にいいのは分かるけど、いつも同じ食べ方では飽きてしまうという方は、メニューを工夫してみましょう。ワカメは小エビ、春雨、キュウリなどと和えて韓国風のサラダに。少量の油でニンニクや生姜と炒めても美味しくいただけます。ヒジキならいつもの煮物を使って炊き込みご飯にすれば、飽きずにたくさん食べられます。少し洋風に、ニンニクやハムと炒めても美味しいですよ!


writer:岩田かほり