北朝鮮戦では「後半に運動量が少し落ちた」と反省。韓国戦で出番があれば、武藤は全力でアピールすると意気込んでいた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 8月5日に行なわれる韓国戦に向けて、前日練習を終えた武藤雄樹選手(浦和/MF)のコメントをお届けする。

──韓国戦に向けてミーティングをやりましたか?
 
「はい。全員で戦おうという話をしました。誰が出るかは分からないですが、自分なりにしっかり準備したいと思います」

──韓国戦で意識したい点は?
 
「北朝鮮戦の反省を活かしたいです。韓国もフィジカル的に強いと思うので、走り切るところや球際で負けないところ、前回できなかった部分を表現できれば、良い結果を出せると思います」
 
──ミーティングでは他にどんな話が出ましたが。
 
「(韓国は)ディフェンスが組織的にしっかりしていて、球際も強い。前線には大きくて良い選手がいるというような話はしました。止めるべきところで相手を止めて、自分たちの良いところを出せればきっと大丈夫だと思います」

──北朝鮮戦から中2日での韓国戦です。

「Jリーグでもそういう連戦はありますし、特に意識する必要はありません。試合に向けて調整しているので、大丈夫だと思います」

──北朝鮮では持ち前の運動量でアピールできましたか?

「もっと走らないといけないなと思いました。後半は(運動量が)少し落ちて、プレーの精度も下がってミスが増えてしまいました。そのあたりは自分の課題と捉えているので、同じミスは繰り返したくないです」