状態の良さを口にする丹羽(写真右)。相手の放り込みに対するイメージもすでにできているという。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 8月5日に行なわれる韓国戦に向けて、前日練習を終えた3選手のコメントをお届けする。
 
 
丹羽大輝(G大阪/DF)
 
「すごく良い状態で臨めると思う。勝つしかないと思っているので、誰が出てもチーム一丸となって勝つことだけを考えてやりたいと思います」
 
――韓国、大きい選手がいるが。
 
「北朝鮮戦はああいう形で2失点ともパワープレーで放り込まれて失点しているので、改善していかないといけないと思いますし、自分が出た時にイメージはできているので、逆にでかい選手が出てきてほしいなって思うぐらい、僕の中ではイメージを持ってやっています」
 
――でかい選手への対応は?
 
「ラインをズルズル下げないということと、蹴る前の準備として駆け引きをしてやれば、対応できると思う」
 
 
森重真人(FC東京/DF)
 
――2日連続軽めのメニューだったが、それは監督の指示なのか、選手の希望だったのか。
 
「監督の指示で。中2日だったので、そういうトレーニングだったのかなと」
 
――中2日ですけど、修正する部分は?
 
「ミーティングなどでしっかり話し合えているので、あとは選手間でもしっかりコミュニケーションが取れていますし、1試合目より2試合目のほうが良くなると思います」
 
――韓国戦のイメージは?
 
「やっぱり難しい試合が毎回繰り広げられていますし、まず気持ちの面で負けないことが大事だと思います」
 
――カップを獲るには負けられないし、常に負けられない相手ですが。
 
「そうですね。いろんな想いはありますし、1試合目、もっとできたという自分らの悔しい気持ちも持っていますし、そういう想いを持って臨みたいと思います」
 
――明日、ピッチに立った場合は、どういうプレーを見せたいですか?
 
「とにかくチームが勝つことを考えながらプレーしたいと思います」
 
 
槙野智章(浦和/DF)
 
――2日連続軽めのメニューだったが、コンディション調整で苦労している部分は?
 
「ここに入る前の日程だったり、移動距離も考えたうえでの監督の考慮なので、積極的にコンディション調整をして試合に臨めればいいかなって思っています」
 
――2日間でしたけど、修正した部分は?
 
「試合で良かった点、修正する点は、ビデオを見てみんなで話し合った結果、とにかくグラウンド上でやるべきことをやること、チームが勝つために全力で戦うこと、試合を見てもらえれば分かると思います」
 
――槙野くん自身、対韓国はどんなイメージ?
 
「非常に歴史のある、韓国の国柄の問題もそうですし、ただの一戦ではないと思っていますので、ピッチ上の局面の戦いも見応えのある試合になると思っています」
 
――カップを獲るには負けられない相手です。
 
「前大会、日本は優勝していますし、今大会は初戦を落としているなかで迎える一戦なので、意味のある試合になってくると思います。チームが勝つためにできることを精一杯やれればいいかなって思っています」
 
――明日、ピッチに立った場合は、どういうプレーを見せたいですか?
 
「初戦の失敗を繰り返さないことと、とにかく勝つために気持ちを込めて、気持ちを前面に出して戦いたい。誇りと責任をもってやりたいと思います」