宇佐美にとっても韓国は特別な相手。「絶対に勝ちたい」と意気込む。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

8月5日に行なわれる韓国戦に向けて、前日練習を終えた2選手のコメントをお届けする。

宇佐美貴史(G大阪/FW)
 
――疲労の回復具合はいかがですか?
 
「大丈夫ですよ」
 
――次の試合に向けてのミーティングは?
 
「相手の分析とかですが、自分たちの分析もしました。フィニッシュの精度とか、最後の守るところ、失点シーンも含めて簡単にやられている部分があったので、そのへんの修正と攻撃の決定機のシーンは多く作れていたので、そこをどう決めきれるかって話はしました」
 
――韓国の印象は?
 
「中国戦でも良いサッカーをしていましたし、個々の能力のある選手もいるので北朝鮮とは全然違う。もっともっとレベルの高い相手だと思うので、難しい試合になると思いますけど、この間の試合を見返して、修正すべきところを修正して、自分たちがもう一回ひとつになってやれば、そんなに勝てない相手じゃないですし、自分たちのサッカーができれば勝てる相手だと思う」
 
――この前の試合はわりと早い時間で交代しましたが、監督からなにか特別言葉はかけられましたか?
 
「ハーフタイムの段階で10分くらいで変わるとは言われていたので、そのとおりになったというか。試合後は特になにも言われませんでした」
 
――フィニッシュの精度に関して、ピッチの影響を感じる部分はありますか?
 
「シュートが当たりにくかったりだとか、日本のピッチとはまったく違うので、そのへんの慣れは必要でしょう。ただそのなかで一発目で順応していくことも大事。今回の場合はアップができないので、あのピッチで練習したわけでもないし、そのへんのシュートのフィーリングは前の選手は難しかったのかもしれないですけど、試合のなかで合わせていく力ももちろん大事ですし、1試合やっているぶん、どういう当て方をすればいいかをだいたいみんな掴んでいるとは思うので、この間の試合みたいにならないようにしたいと思います」
 
――ユースの時も韓国と何度か戦っていますが、なかなか勝てていない印象もありますが、韓国戦への想いは?
 
「もちろん、みんなもそうだと思いますが、熱くなる部分はあると思いますし、向こうもそうだと思います。韓国に負けられないという気持ちもあるし、状況としてもそうなので、やっぱりいつも以上に熱く戦わないと相手に気持ちで飲まれてしまうところがあると思うので、技術とか戦術面も大事ですけど、まずは気持ちを出すことが大事だと思うので、そのなかで技術でも戦術でも上回れば勝ちは見えてくるわけで、まずはそれ以外のところでしっかり気持ちを見せた戦いはしたいと思います」
 
――宇佐美選手は、2010年の中国でのアジアユースでも韓国と対戦し、U-19ワールドカップの出場権を逃しました。思い出しますか?
 
「悔しい想いはさせられていますし、そこでの悔しさは忘れてはないので、しっかりチームとして勝てるように。まずは明日勝たないと優勝は見えてこないので、明日は絶対に勝ちたいです」
 
――韓国には同世代の選手も多いですね?
 
「どうなんですかね。全然メンバーはわからないです。ビデオは見ましたけど、選手は全然わからないです」
 

川又堅碁(名古屋/FW)
 
――この間はあんまりいい動きができなかったと言っていたが、コンディションは?
 
「今はだいぶ良いですよ。疲労感もないし、やれると思います」
 
――今日みたいな気候で試合ができたら良いですよね。
 
「ほんとそうやね。この前の時は疲労もあったからね。だから、明日はみんな良い感じで入れると思う」
 
――スタメンについての話はあった?
 
「たぶん、選手は誰もわからんね」
 
――北朝鮮戦のビデオを見た時は、監督からどんな話が?
 
「北朝鮮戦は良いところと直さなければいけない課題、修正ポイントをふたつに分けて言われました」
 
――韓国の初戦の戦いぶりは見た?
 
「今日見ました。すごく攻守の切り替えも速いし、失った時の守備への切り替えと、あとは個人個人で戦術的にも、みんなワンタッチ、ツータッチを使ってくるようなイメージはあります」