独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4日、「ウイルスを検出したと音声で警告してくるウェブサイトにご注意!」と題する「今月の呼びかけ」を発表した。「ウイルス検出の偽警告に騙されないで」と注意喚起を促している。

 IPAによると、今年5月以降、「『あなたのコンピュータでウイルスが検出されました』という音声がパソコンから聞こえたが大丈夫か」という内容の相談が相次いで寄せられるようになった。相談ではインターネットを利用していたら、気が付かないうちに「PCサポート」というウェブサイトに辿り着いてしまい、突然、日本語でウイルス検出したという警告と、ウェブサイトに記載されている連絡先に電話をかけるよう音声メッセージが流れたという。

 中には不安になりメッセージに従って電話をかけた相談者もいて、相手から「遠隔サポートによるウイルス駆除を行う」として、まず遠隔操作ソフトのインストールを案内され、その後、有償ソフトウェアの購入を促されたという。

 こうしたサイトの存在については、同じ時期にトレンドマイクロからも注意喚起が出されていた。IPAでは「音声メッセージはウイルス感染とは無関係に再生されるので、画面に表示された連絡先に電話をかけないように」と呼びかけている。