やっぱり密な関係にあった!匂いと食欲 Markin/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 あなたは、焼きたてのパンやポップコーンなどの匂いを思い出すことはできるだろうか。誰もが容易にできることだが、その匂いを思い出す能力には個人差があり、体重増加と密接な関係があることが判明したのだ。

 先日、米コネチカット州のジョン・B・ピアース研究所による「匂いを想像する能力の体重増加との関係性」についての研究結果が発表された。同研究によれば、普段、焼きたてのパンやポップコーン、もしくはバラの花束などの匂いを想像する力は誰もが持ち合わせているが、この能力には個人差があり、特に食べ物の匂いを想像する能力が高いと、食べ物の渇望につながる可能性が高まることが示唆された。

 研究実験で、対象者に食べ物などの匂いを想像してもらった結果、BMI値の高い人ほど、匂いを強くイメージできることが判明。このことから、匂いに対する想像力は、体重増加リスクを高める要因の一つであることが分かった。

これまでは、「食べ物を渇望すること」が肥満の要因であると予測されていた。だが、この結果から、「匂いを想像する能力」が食べ物の渇望と関連する可能性があることが示された。

やはり匂いと食欲は密な関係にあった!

 今回の研究は、匂いを想像する能力と肥満が密接に関係していることを教えている。しかし、それ以前に、匂いは食欲に大きく影響し、より食べたい欲求を強めることを再認識できる。感覚では分かるものの、やはり、匂いと食欲とは密接な関係があるようだ。

 もともと、人には物理的な満腹感とは別の「感性満腹感」というものが満たされることで、食行動が調節されるといわれている。感性満腹感とは、見た目や匂い、味、食感などの五感で感じる満足感のことだ。特に匂いは、この感性満腹感へ強い影響をもたらすという。

 人は、「お腹いっぱい食べて満足した」というとき、胃に満たされた満腹感だけでなく、匂いを中心とした感覚でも満足し、「美味しいものを食べた」という記憶を蓄えることになる。ここで記憶された「おいしかった匂い」が、「またあれを食べたい」につながり、食行動へ走らせることになるのだ。

食欲をグンと抑えられる匂いとは?

 匂いがこれほどまでに食欲や、食行動に関係しているということは、その逆も然りとなる。つまり、食欲を増進させる匂いがあるということは、食欲が減退させる匂いもあるということだ。ダイエット中の食欲を抑えるため、食欲低減効果のあるアロマ精油の香りを嗅ぐとダイエット法があるくらいだ。

 この「香りダイエット」で使用される「食欲を抑えてくれる香り」には、グレープフルーツやバニラ、金木犀、シダーウッド、サンダルウッド、パチュリーなどがある。それぞれの香りの作用を見てみよう。

・グレープフルーツ:体の代謝を高め、消化機能を改善する効果があるといわれているため、過剰な食欲を調節してくれることから、利用されている。

・バニラ:鎮静効果がある。甘いスイーツの香りを想起させるが、香りだけで満足するという説も。

・金木犀:食欲増進ホルモン「オレキシン」の分泌を抑える働きがあるといわれている。

・シダーウッド・サンダルウッド・パチュリー:いずれも木の香りで、森林浴を楽しんでいるかのような気分になる香り。森林浴をしている間は、食欲がわいてこないのを思うと、これらの食欲抑制作用は感覚的に理解できる。

 ダイエット中の人は、「前に食べた、あの美味しかったものが食べたくて仕方がない...」と美味しい匂いを思い出したときは、これらの食欲を抑える香りを嗅いで、意識を変えてみてはいかがだろうか。
(文=編集部)