EAFF女子東アジアカップ2015の第2戦が4日に行われ、なでしこジャパンは韓国女子代表に1−2で敗れた。この結果、優勝の可能性は途絶えている。

 試合後、今大会のなでしこでキャプテンを任されているMF川村優理は「最後までみんな諦めずに戦っていたし、その中で最後失点してしまって、やっぱりとても悔しい気持ちでいっぱいです」と涙をこらえて話した。

 この試合は途中からの出場となったが「シュートが打ててなかったかったし、相手が身体張ってきたところを崩しきれてなかったので、自分が入って流れを変えたかったですけどそこで点が取れなかった。本当に残念だなという思いです」と悔しさをにじませている。

 そして「やっぱり相手より、ゴールを決めたいっていう気持ちの部分で低かったのかなと思いますし、守りきれなかったのもまだまだ自分たちの実力かな」とチームの課題を挙げ、「最後は勝って終わりたいし、みんなで笑って終わりたい。自分たちらしく最後まで諦めずプレー出来たらいいなと思います」と、第3戦に向けてコメントした。

 なでしこジャパンは8日に中国女子代表と対戦する。