Doctors Me(ドクターズミー)- 口の端がキレてしまう…。これって何が原因?

写真拡大

誰もが一度は、口の端が切れたり、赤く炎症する口角炎を経験したことがあるはず。大抵は、気づかぬ内に出来ていた、食事をしたり女性の場合、化粧をするときに、ひりひりして気づく、なんてケースが多いと思います。この口角炎、一体その原因とは……。疲れ? それとも栄養バランスの乱れ? そんな疑問に、医師が答えてくれました!

原因はカンジダだった!?

口角炎の別名は「カンジダ性口唇炎」。え!? カンジダ? と驚かれる方も多いと思いますが、膣炎を起こしたり、日和見感染を起こしたりする真菌類、平たくいえば「カビの一種」が口角炎をも引き起こしていたのです。

なぜカンジダが口角に……

じつは、カンジダは体のあちこちに見られる常在菌。健康な状態では、この菌に体が負けてしまうことはないのですが、例えばビタミンB2やビタミンB6が不足し、体の免疫機能が低下してしまと、カンジダが繁殖し、口角が刺激を受けかぶれてしまう、というわけです。いっぽう、ステロイドなど免疫を抑えるお薬の使用でも発症しやすくなります。もちろん、夜更かしや多量の飲酒、かぜやストレスなど免疫力の低下をきたすような状態が続けば、誰にでも口角炎は起こりうる、といえます。

どうすれば完治できる?

口角炎を侮ると、痛みが増したり、また症状が引いても再び発症する……というケースも考えらるので、きちんと対処していきましょう。
<3つのカンジダ対策>
.ンジダに効果のある抗真菌剤を使用
▲咼織潺鷓泙瞭睇
D夏盧拔歔僂鮴阿┐詁酸菌製剤を摂取

医師からのアドバイス

口角炎のほとんどは、2週間前後で治ることが多いようです。治癒・回復を早めるために、また、何度も口角炎を繰り返さないために、生活リズムを整え、栄養バランスのとれた食生活を心がけることも非常に大切なことです。 生活習慣を見直し、口角炎知らずの生活を目指していきましょう。