ハリルホジッチ監督がこれまでの記者会見で最も使った「言葉」は何なのか?

写真拡大

5日、東アジアカップの韓国戦を控える日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督。

6月に行われたシンガポール戦では攻めながらもゴールを奪えず、先日行われた北朝鮮戦では1-2の逆転負け。ハリルホジッチ監督にとっても、大きな節目になりそうだ。

ハリルホジッチ監督、新戦力の台頭を期待 〜EAFF東アジアカップ メンバー発表〜SAMURAI BLUE(日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は7月23日、来月2日から始まるEAFF東アジアカップ2015を戦うメンバーを発表し、新...
Posted by サッカー日本代表 on 2015年7月23日

さて、そんなハリルホジッチ監督と言えば、就任以降、全ての公式記者会見をYoutubeで生中継している。

これはハリルホジッチ監督の意向が反映されていると見られ、これまで文書で発表されていた代表メンバーは、監督のプレゼンで明かされるように変わった。Qolyではその全文を文字起こししており、ハリルホジッチ監督の言葉を目に見える形でまとめている。

【関連記事】ハリルホジッチ監督、代表メンバー発表記者会見(3月)

【関連記事】ハリルホジッチ監督、代表メンバー発表記者会見(6月)

【関連記事】ハリルホジッチ監督、代表メンバー発表記者会見(7月)

ハリルホジッチ監督の記者会見を聞いていると、気付くことがある。それは、これまでの会見の中で好んで用いている言葉があるということだ。

では、そんなハリルホジッチ監督が記者会見の中で最も使用する「言葉」は一体何なのだろうか?

記者会見の時間は限られており、そこで発せられた言葉がハリルホジッチ監督の思考の全てではない。しかし、そうした言葉にハリルホジッチ監督の想いが込められており、繰り返し用いられた言葉から監督が大事にしているものくらいは見えてくるかもしれない。

今回は、これまでに行われた三度の代表メンバー発表会見でハリルホジッチ監督が使った言葉を調べ、最も頻度が高かったものをまとめてみる。

なお、ハリルホジッチ監督の記者会見では招集した選手について一人一人コメントするのが恒例となっている。そのため、どうしても説明のためには頻発が避けられない言葉が発生しており、重要度が高いものとは思えない以下の言葉は除外する。

準備、リスト、プレー、怪我、試合、映像、バックアップメンバー、能力、クオリティ、可能性、ポテンシャル、信頼、期待、向上、発展、伸びる、チャンスを掴む

監督という立場であれば当然抱く感情(「期待している」、「能力が高い」等)はできるだけ省き、ハリルホジッチ監督の思惑や意図を感じる言葉を編集部Sの判断でグルーピングし、使用頻度の多い言葉を並べた。

今回抜粋する言葉は、あくまで樋渡群氏が通訳した言葉である。さらに、言葉というのは文脈によって意味や主張が変わってくるため、ここでは何かしらの主張はすることはしない。読者の方がそれぞれ解釈していただければ幸いである。

人間 / 人間性(3回)

「彼もプレーヤーとしても人間としても結構期待しています」
―6月、森重について

「とにかく戦うし、人間性にもポジティブなものをたくさん持っている選手です」
―6月、岡崎について

「人間性もしっかり発見できたらな、と思います」
―7月、柏木について

何かをもたらしてほしい(3回)

「ほとんどの試合に出ていますし、彼がチームに何かをもたらしてくれると思います」
―6月、谷口について

「日本代表に最ももっと大きなものをもたらしてほしい」
―6月、本田について

「彼らもしっかり良い経験をして、リーダーとしてこのチームに何かをもたらしてほしいなと思っています」
―7月、GKについて

競争 / 競争心(5回)

「毎回の合宿で4人は呼ぼうと思います。それは競争心を植え付けるためです」
―3月、GKについて

「私が期待したいのは各ポジションで競争があることです」
―3月

「彼も競争の中で勝ち取ってほしいな、と」
―6月、丹羽について

「競争意識もあります」
―6月、山口について

「彼も他の選手と競争してほしいと思います」
―7月、米本について

オーガナイズ(5回)

「攻撃的と守備的と踏まえた中盤のメンバーとなります。これは中盤でどのようなオーガナイズを組むかによって変わってきます」
―3月、中盤の選手について

「中盤では2つの異なるオーガナイズを準備していきたいと思います」
―3月、中盤の選手について

「中盤の選手たちはオーガナイズによってポジションや役割が少し変わると思います」
―7月

「興梠なんかも以前怪我をしていましたけれども、非常に面白い選手でいろんなオーガナイズでプレーできます」
―7月、興梠について

「その3つのオーガナイズ、3つのシステムに応じてこのチョイスをしました」
―7月

話していきたい / コミュニケーションをとりたい(6回)

「彼らがどんな状態か知るために話していきたいと思います。 最初は一緒にいて、我々の目的を彼らに知ってもらわないといけないので、そういったコミュニケーションをとりたいと思います」
―3月、内田と長友について

「彼も先ほどと同じように怪我の状態を含め、コミュニケーションをとっていきたいと思います」
―3月、今野について

「彼と話を通じて、そういうものを向上させたい」
―6月、太田について

「彼にももっとディスカッションしていきたいと思っています。なぜ頻繁に怪我するんだという話もしたいですし」
―7月、興梠について

多くの選手を呼ぶ / 多くの選手に可能性を与えたい(7回)

「今回は多くの選手を呼ぼうと思います。怪我をしてプレーできていない選手も呼ぼうと思います」
―3月

「本当に多くの選手に可能性を与えたいと思いますし、入ってきてほしいと思います」
―3月、FWについて

「私のやり方では前もって決まったベストメンバーはいません」
―3月

「各時期によって調子もあるしパフォーマンスも変わりますので、その時によってベストパフォーマンスの選手を呼びたいと思います。私は出来るだけたくさんの試合を見て、多くの選手を呼びたいと思います」
―3月

「最初の日から皆さんの前で言っていますけれど、日本代表はすべての選手に開かれている。ここのリストに入る資格があれば、問題なく呼ぼうと思っています。それは海外でプレーしていようが国内でプレーしていようが関係ないです。海外に行っている選手も若いですし」
―7月

勝つため / 我々の目的は勝利 / 勝つトライ(7回)

「霜田委員長がおっしゃった通り、この2試合は勝つためにあります」
―3月

「いろんな難しいことをしますけども、我々の目的は勝利を続けるということです」
―3月

「我々の目的は2試合に勝つこと」
―6月

「皆さんにはいつも言っていますけども、負けるための準備はしません。むこうで勝つトライをしましょうと言っています」
―7月

「良いトーナメントにしたいなと思っています。そして、勝つトライをしたいと思います」
―7月

「数試合で勝つトライをして、できればカップを持って帰りたい」
―7月

「我々の目的は勝利を続けるということ。もっと高いレベルへと行くこと」
―7月

証明 / 見せる / 信頼を掴まなければいけない(7回)

「彼も代表に入る資格があることを証明してほしいな」
―6月、丹羽について

「彼らの価値と能力を私に見せる時が来ていますね」
―7月

「彼らは見せなければいけないですね」
―7月

「彼らも見せなければいけない選手たちですね。私の信頼を勝ち取らなければいけない」
―7月、GKについて

「何人か新しい選手が入っていますけども、彼らは全員そういう目的ですね、自分のクオリティを『見せる』ということです」
―7月、新たに招集した選手について

「このように皆さんが続けてくればこの23人に入ってこれるのは間違いないです。トレーニングをして『見せる』ということを続けてもらって」
―7月

野心 / モチベーション(8回)

「とにかく全員でトレーニングをしていきたい。野心とモチベーションを持ってやってもらいたい。」
―6月

「ワールドカップの予選を野心を持って戦っていきたいと思います」
―6月

「この代表Aに入るためにより野心をもってよりたくさんのトレーニングしてほしいというメッセージでもあります」
―7月

「霜田さんもさきほど言いましたけれど、私たちにはとにかく野心があります。常に同じ野心を抱いています」
―7月

「この23人の選手は全員モチベーションも高く、(中国に)行きたいと言っています。そして怪我人に関してもモチベーションを高くしていますけども、ただ怪我人の人たちが最後の最後で再発させれば他の選手が入ります」
―7月

「野心の話をはしましたけれど、むこうでは本当に不確実なことがたくさん起こります」
―7月

力強さ / パワー / フィジカル(16回)

「我々に力強さを与えてくれます」
―6月、吉田について

「チームに力強さを与えてくれる選手です」
―6月、長谷部について

「パワーもあります。日本代表には少しパワーが足りないので、彼が必要です(略)フィジカルの能力もテクニックの能力もかなりあります」
―6月、谷口について

「彼も少しパワーが足りないですけれど、我々代表に力強さ与えてくれます」
―6月、清武について

「我々のチームに力強さを与えてくれる選手です」
―6月、岡崎について

「川又は他の選手とは違ってパワー重視の選手ですね。ペナルティエリアの中で、パワーで勝っていく選手にしたいと思っています」
―6月、川又について

「できればディフェンスの前で良いテクニックを持って、身長も大きいですしフィジカル的なところも、ヘディングのようなところも期待しています。日本代表に少し足りないのはデュエルのところでのパワーですね。そういったところも彼がクオリティを埋めてくれるのでは。彼のフィジカルの存在が大切になってきます」
―7月、谷口について

「川又はデュエルの中でフィジカル的なことを見せる。もしシンガポール戦に川又がいたら、彼のフィジカルでセンタリングなどで良い現象が起きていたかもしれませんね。前節も前々節も得点に絡んでいますし(略)日本人はそこまで背が大きい選手がいないので、川又のような選手がしっかりフィジカルを見せてほしい」
―7月、川又について