先制弾も勝利につながらず…DF中島依美「勝って終われなくて残念」

写真拡大

 EAFF女子東アジアカップ2015の第2戦が4日に行われ、なでしこジャパンは韓国女子代表に1−2で敗れた。この結果、優勝の可能性は途絶えている。

 この試合で先制点となるミドルシュートを決めたDF中島依美は試合後、「勝って終わることができなくてすごく残念です」と振り返ると、「最後のファールだったり、球際だったり、そういうところが課題だと思います」と、終盤韓国に与えてしまったFKの場面を悔やんだ。

 自身のゴールについては「ファーストシュートだったので思い切って打ちました」とコメント。そして「あと1戦あるので、このメンバーで勝てるように終わりたいです。チーム全員で勝って終われるよう頑張ります」と、次戦を見据えている。

 なでしこジャパンは8日に中国女子代表と対戦する。