日本と戦う韓国代表はどれくらい本気?招集メンバーからその「本気度」を採点する

写真拡大

5日、東アジアカップ2015で日本代表と対戦する韓国代表。

初戦を落とした日本代表としては絶対に負けられない相手だが、今回の韓国代表メンバーはどれだけ“本気"なのだろうか?

世界のサッカーを網羅するQoly編集部のアジア担当編集部Kが、来日メンバーの充実度を100点満点で採点する。

欧州で重要な存在になっている選手を呼べないことを前提として、どれだけテストの要素が入っているかを今回も「本気度」として採点していきたい。

編集部Kの採点

本気度はズバリ…60点です。

※韓国代表の招集メンバーはこちらから

編集部Kのコメント

海外組がスケジュールの関係上呼べず、ほとんどの主力は不在。特に韓国は欧州だけではなく中東にも多くの選手がいるため、日本以上に中心的な選手は招集できていない。

アジアカップのメンバーから考えれば、継続されているのはGKの2名とキム・チュヨン、キム・ヨングォン、チャン・ヒョンス、イ・チャンヒョプの6名だけである。

監督を務めているウリ・シュティーリケ氏も「選択肢は多くない」と話し、記者会見では非常に若いメンバーを選出したと明かしている。

メディアからはテストと結果のどちらを重視するかと聞かれており、「良いプレーが出来るよう努力をし結果には責任を負う」という微妙なコメントを発表した。…ということは、かなりテストの要素が大きいメンバー選考になっているものと考えられる。

メンバーを見てもKリーグを日常的に見ている人でなければ分からない選手も多いだろう。23名の中で10以上の代表キャップを持っている選手は6人しかいない。

とはいえ、Kリーグが日本と比べてチーム数が少ないために選択肢が乏しいだけで、タレントが不足しているわけではない。

これまでのアジアカップやW杯予選は今大会に向けてほとんど参考にならないが、先日行われた中国代表との東アジアカップ初戦では2-0で勝利。内容としてもほぼ圧倒したものだった。

メンバーについて

アジアカップ時までの韓国はキム・シヌクのケガ、イ・ドングクの高齢化、パク・チュヨンの不調で前線に大きな選手が少ないという状況にあったが、この大会はイ・チョンヒョプの台頭とシヌクの復活で前線に柱が加わっている。

まずは2日に行われた中国戦のメンバーを見てみよう。

韓国代表、中国戦のメンバー

この中で輝きを見せたのは中盤だ。アジアカップで抜擢され活躍したイ・チョンヒョプの下に並んだイ・ジェソン、キム・スンデ、イ・チョンホの3名は機動力と仕掛け、スペースへの走り込みで中国の最終ラインを翻弄した。

ボランチのクォン・チャンフンも21歳と、このチームでク・ソンユンと並び最年少タイであるが、非常に存在感あるプレーを見せていた。初戦は非常に実りある試合になったことだろう。

ただ、ウリ・シュティーリケ氏が言うように(ハッキリ言ってはいないが…)この大会がテストだとすれば、おそらく日本戦では大きくメンバーが入れ替わってくるはずだ。

ク・ソンユン、キム・ミヌ、イ・ヨンジェ、チョン・ウヨン、キム・ミンヒョク、そして今は韓国にいるがチョン・ドンホとJリーグ組が7名中国戦でベンチスタートだったのは、日本を熟知していると思っているからか、それとも休養が乏しかったスケジュールの関係なのだろうか?

そして、一つのトピックスとしてはキム・シヌクが中国戦で10分しか使われていないことだ。

2m近い身長を持つ長身ストライカーとして知られる彼は、ケガなどもあって久々の代表招集であるが、Kリーグではここまで8得点を決めており、本調子とは言えないが不調とも言えない。

彼が出てくる可能性が高いと考えると、先日北朝鮮の長身FWパク・ヒョニルにズタズタにされた日本代表にとっては非常に厳しい相手であるとともに、素晴らしい復習の機会にもなるはずだ。

注目選手について

キム・シヌク

出てくるかどうかはともかくとして、今の日本代表にとって一番難しく、そして早い間に対戦しておきたい相手でもある。

196cmという圧倒的な身長が最大の魅力であるが、意外にヘッドでのゴール自体は特別多くない。その分平面でのプレーからゴールを奪うことが出来る万能性があり、ポストでチャンスを作ることが出来る。

イ・チョンホ

Jリーグ経験者達についてはおそらく日本のファンは熟知していると思われるため、彼をピックアップしてみた。

中国戦が初キャップ。ユース年代での実績は圧倒的で、常にエースとして活躍を見せてきた選手であるが、まさかここまで初戦で好プレーを見せると予想していた人は少ないのではないか。スタメンで出るにしろ途中から出てくるにしろ、彼が今持っている勢いには注意したいところだ。

東アジアカップ2015の男子日本対男子北朝鮮戦は、日本時間8月5日(水)午後7時20分キックオフ予定。全国フジテレビ系列で生中継される。