ダイエットのためにカロリーをカットし頑張って運動をしているのに、なかなか効果が出ないなんてことはありませんか?もしかしたら食事制限によって、肥満につながる栄養素を代謝するビタミンまで不足させてしまっているのかもしれません。ダイエットに成功するためには、きちんとビタミンを摂ることが重要なのです。

ダイエットにカロリー制限の落とし穴とは?

カロリーを摂り過ぎれば太ってしまうのは当然。だからと言って単純にカロリーを制限すれば痩せるというわけではありません。摂取するカロリーと一緒にビタミンも減らしてしまうと、なぜかカロリーを減らしても痩せられないということになってしまいます。体内に入ったカロリーはエネルギー源となりますが、カロリーを代謝するためにはビタミンが必要なのです。

自分に必要なビタミンを見つけるには?

ビタミンにはたくさんの種類があり、それぞれの働きは異なります。お互いに影響しながら働くので、できるだけまんべんなく摂取した方がいいのです。でも、数あるビタミンの中でも、不足しがちなビタミンを見つけるには、いつもの食生活を振り返ってみることが重要です。

ご飯など炭水化物をたくさん食べる人はビタミンB1

ご飯やパンが好きでたくさん食べる方、お酒をたくさん飲むという方は、B1が不足しがちです。ビタミンB1には糖質を代謝する働きがあるので、意識して摂るようにしましょう。ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉、うなぎ、胚芽、ハムなどです。

脂っこい食事が好きならビタミンB2

お肉や揚げ物など脂っこいものを食べ過ぎてしまうという方は、脂質を代謝する働きがあるビタミンB2を意識して摂りましょう。動物性の食品だけでなく、バターやドレッシングのオイルなども脂質です。ビタミンB2を多く含む卵、納豆、干しシイタケなどを食べるといいでしょう。

冷え症で代謝が悪い場合はビタミンE

ビタミンEには、血行を促進する働きがあります。冷え症で体のすみずみまで血液が行き渡らないと、基礎代謝も落ちてしまいます。そんな時はビタミンEを多く含む赤ピーマン、すじこ、イクラ、たらこなどを食べてみましょう。

ビタミンの種類によって働きが違うので、自分に不足しがちなビタミンが見つけられれば、ダイエットもスムーズに成功するかもしれません。必要なビタミンを、毎日、食べ物から摂るのは大変、という時はサプリメントを上手に利用してみてください。


writer:岩田かほり