スタンダップコメディって何だ?

写真拡大

アメリカにはさまざまなお笑いのジャンルがあります。なかでも、もっともアメリカらしいといえるものがスタンダップコメディでしょう。

日本でいえば漫談

スタンダップコメディはマイクの前で、一人喋りをするものです。顔の動きなども入りますが、基本的には、喋りだけで笑わせるスタイルで知られています。基本的に間をおかず、常にマシンガンのようにしゃべり続けていくことがスタンダップコメディの王道とされます。日本でいえば漫談といえるかもしれません。ただ、アメリカのスタンダップコメディが日本と違うところは、きわどいネタをやることにつきます。端的にいってしまえば、それは人を傷つける笑いです。笑いの本質をついているスタイルともいえます。

人種イジリ

アメリカのスタンダップコメディは、危険なネタが多くやられています。例えば黒人が自らの肌の色をいじったり、アジア系のコメディアンが、自らの立場を自虐的にしゃべるといったことが行われています。危険なネタは肌の色だけにとどまりません。政治家をいじったりすることもあります。さらに、女性がきわどいシモネタをすることもあります。

長井秀和の宗教ネタ

アメリカのスタンダップコメディの影響を受けた日本の芸人に長井秀和さんがいます。長井さんは、現在は自分が信仰している宗教をネタにしているようです。もちろんテレビではやれないきわどいネタなのでしょう。

「新聞の発行部数ってどれくらい?」の詳細を調べる